WHITE NOTE PAD(1)
  • 完結

WHITE NOTE PAD(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「私」の人生は奪われた―― 1年前、体と人格が入れ替わった男女。小田薪葉菜(おだまきはな、女子高生・17)と木根正吾(きねしょうご、自動車工・38)は、ある日突然、体と人格が入れ替わってしまった。別人の体のままで1年が過ぎ、偶然2人は再会する。少女の体になった男は容姿を磨き美しい読者モデルに、中年男の体になった少女は記憶喪失扱いで定職を失っていた。
再会した“自分”はあまりにも違う“自分”になっていて――。 女子高生(17)と中年男(38)。女と男、人格逆転ドラマ。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
FEEL YOUNG
電子版発売日
2015年12月11日
紙の本の発売
2015年12月
サイズ(目安)
59MB

WHITE NOTE PAD(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年12月17日

    はい好き~ほんと好き~。
    こんな入れ替わり考えたこともなかった!!
    一年も知らない人として過ごすのってほんと怖かったろうな。自分が誰かも分からないなんて正気の沙汰じゃない。こわいよ。
    そして巡り会う二人。「わたし」とはなにか。
    二巻が楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    bookma 2021年03月07日

    人間は本来生まれもったものと環境の影響で自己を確立していくけれど、身体さえも環境になるという発想がすごい。そのうえ元々の体の所有者と現在の体の所有者の記憶が淡く入り交じっていて自分と他者との境界線があやふやで、「わたし」という輪郭がどんどん曖昧になっていく過程がすごくおもしろかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月12日

    「自分とは何か」、「自分を自分たらしめる要素は何か」について、ライトにでもちょっぴり重く描いた作品。哲学的ですごく好き。
    『違国物語』でもそうだったけど、この作者のこういう作品すごく好きだな。考えさせられる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月15日

    メモってなかった。
    去年また流行ってた入れ替わりモノをヤマシタさんが。
    40代中年男性と10代の少女の入れ替わりで、男→女の方が圧倒的に有利、そりゃ「強くてニューゲームだわ」と思いつつも、女→男もそれはそれで、ちゃんと上手く転がることもあるのかも知れない。とか。

    「体」と「心」が実は不可分なのもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月06日

    連載中 17歳の女子高生と38歳の中年男がある日突然人格が入れ替わる。人生が逆転するということはどういうことなのか考えさせられる作品

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月18日

    一回サラッと読んだだけじゃ内容がよくわからなかった

    ここ最近、私生活のゴタゴタから自分を変えたい・変わらなきゃって
    思う機会があるんですが、
    途中までで誰かと替わって、替わった先の人生を歩むのは、自分には厳しい気がします

    もう一回、読み直します

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月07日

    入れ替わりモノ。しんどいー。読むのに1ヶ月かかった。どちらの以前も、以後も、タイセツなのがあって、少しのセリフや微妙な表情で描いて、また余白がよくって、しんどくなるんダナ。立場かわれば・・・・てやつ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月31日

    男女逆転ものは何作か見たことがあったけど、
    年齢も人生経験も社会的立場も違う男女というのは
    意外に出会ったことがなかった…(@@;。
    新鮮であり、同世代とは違ったいろいろなキツさがありますね。
    「強くてニューゲーム」と「失われた成熟期間」、
    そう感じるふたりがこれからたどる変化が見ものです。
    ヤマシ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月15日

    中身が入れ替わったことで始まるストーリー・・・ではなく一年が経過しているというのが新鮮かも。元に戻ろうとするのではなくそれぞれの人生を模索している感じがもどかしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月27日

    不思議な展開をする漫画だった。女子高生と中年男性の体が入れ替わる話で最後はまあこんな感じで終わるのだろうなという予想はなんにも当たらなかった。私たちは日々誰かとすれ違い思考や情報に触れ常に他者とともにある。そんな世界で、唯一無二の確固たる私とは何だろう。

    このレビューは参考になりましたか?

WHITE NOTE PAD のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • WHITE NOTE PAD(1)
    完結
    「私」の人生は奪われた―― 1年前、体と人格が入れ替わった男女。小田薪葉菜(おだまきはな、女子高生・17)と木根正吾(きねしょうご、自動車工・38)は、ある日突然、体と人格が入れ替わってしまった。別人の体のままで1年が過ぎ、偶然2人は再会する。少女の体になった男は容姿を磨き美しい読者モデルに、中年男の体になった少女は記憶喪失扱いで定職を失っていた。 再会した“自分”はあまりにも違う“自分”になっていて――。 女子高生(17)と中年男(38)。女と男、人格逆転ドラマ。
  • WHITE NOTE PAD(2)
    完結
    入れ替わった体で妊娠!? 小田薪 葉菜(おだまき はな)19歳と、木根 正吾(きね しょうご)40歳の体が入れ替わって2年。読者モデルとして活躍する葉菜には"彼氏"ができた。デザイナーの卵・城田 裕策(しろた ゆうさく)。男の自分が冷めた気持ちでいる反面、女の自分は、彼に惹かれていた。一方、編集部で少しずつ仕事を覚えた木根は“記憶喪失の人”を脱し、努力家の素直な男として周囲に愛され始めていた。もはや誰かと恋をしたかった少女の自分はどこにもいない。2年前の少女は、男は、また違う生き物になりつつあった。そんな頃、葉菜は生理がきていないと気づき―!? 少女と中年男の人格入れ替わりドラマ、完結!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

FEEL YOUNG の最新刊

無料で読める 女性マンガ

女性マンガ ランキング

WHITE NOTE PAD に関連する記事