Love,Hate,Love.
  • 完結

Love,Hate,Love.

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

28歳処女と52歳大学教授の恋。「あなたのことは好きだ 本当に」28歳の貴和子(きわこ)は、ある日、ベランダで煙草を吸う男に出会った。隣室に住む52歳の気怠げな大学教授・縫原(ぬいはら)。バレエダンサーになるのを断念しつつあった貴和子に、彼は誠実な言葉で語りかけてきた。今まで恋愛を切り捨ててきた貴和子の心に情熱の風が吹き――真摯(しんし)で臆病なピュア・ラブストーリー!描き下ろし後日談収録!!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
FEEL YOUNG
電子版発売日
2012年04月06日
サイズ(目安)
39MB

Love,Hate,Love. のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年07月25日

    ヤマシタトモコ作品の中で一番面白いと思う。と言うか、一番好き。不器用な隣人二人の不器用な日常と恋となんやかや。ぐっと胸が疼いた後、優しい気持ちになれます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月13日

    ヤマシタさんの漫画で一番好きです。「あなたと私の好きと嫌いのあいだをうめていく」と「楽しくてずっととまっていたいでしょ!」が一番胸にきました。恋愛の始まりを丁寧に書いた話だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月27日

    ヤマシタトモコさんのいいとこ詰めみたいな漫画でした。
    大人の年の差恋愛。
    ヤマシタトモコさんの作品はいつも透明感とほろ苦い作者自身の痛みのようなものが透けて見えますが、これもそうです。

    うーーん……ヤマシタさんの短編集(黒い羽かイエスイッツミーだと思うんですが)収録されているおじさんと姪の話が大好...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月09日

    余裕で気怠げな初老紳士って、なんて素敵なんだろう!!縫原さんは大学教授ということで、知的な雰囲気を纏ってるのもサイコーです。
    それにしても初老紳士にYシャツプラス老眼鏡というのはほんとにすばらしいな……

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月03日

    ヤマシタトモコさん、初読み。
    感動したっ!!!!(゚д゚;)
    評判は何となく知ってたけどこんなにすごい作家さんだったのか!
    語りが細かいっ!リアリティあるっ!
    心にずんずん響きながら読みました。
    大人向けですね~。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月01日

    非常に共感できる。

    これを理解できないと、本当の意味で大人にはなれないと思う。

    それくらい素敵なお話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月30日

    年上ダンディオジサマ好きにはたまらない恋のお話。
    余裕のある(?)大人だった、大学教授が、主人公に告白されてからはだんだん振り回され始める感じがいいです。
    最後に、お互いの好きな物を言い合うシーンがあるんですが、二人の話す好きな物が、ほんとに些細だけど「あ、わかる」って頷けるようなもので、凄くほっこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月08日

    すっごい、イイ。こんな漫画を描く人がいたのか、という驚きを久しぶりにした。そうか、これがヤマシタトモコか、と。画はそんなに好きな方ではない。けれども、描いているものが、いい。感情が、とてもシンクロした。(11/8/14)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月07日

    「――そんなの決まってるでしょう ……皆あなたのことが好きなんだ ちがう?」

    穏やかなひと、好き。
    こんな人と出会って同じ空間を過ごせたらなあ
    「あなた」って呼び方はちょっと遠くてでも優しくて好き

    「…なんの間?」
    「…わたしとあなたの」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月25日

    縫原さんが素敵です。
    なかなかない組み合わせの二人がとても新鮮でした。
    渋い方が好きなので、きゅんとしたり。
    あの、ちょっと出てきたバレエの同期の人も格好良かったです。
     
    まあなにより、ひとつのことを七年間
    (もっと大きいくくりで言うと、物心ついた頃から)
    やっている人間としては、もしかしてそれを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています