HER
  • 完結

HER

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

女はみなかわいげな獣。女たらしの男性客に不穏な妄想を抱く美容師、白髪のレズビアンのキスシーンを見てしまった高校生処女、母の秘密を心に秘めて“一夜限り”を繰り返す地味女…ほか、オンナたちの本音を描く可憐で獰猛な全6篇の連作オムニバス。各話の描き下ろし後日談収録!

ジャンル
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
FEEL YOUNG
ページ数
195ページ
電子版発売日
2012年04月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
47MB

    Posted by ブクログ 2019年04月23日

    ザ・女子漫画。オムニバス形式。(いくつになっても)女子は、可愛さと醜さで出来上がってるなあ、と読んでいて思いました。そこが正直に描かれている良い漫画です。
    『あと何万年生きたって悩まない日はないし 誰かが隣にいても孤独じゃなくなる日は来ないから』『娘に訪れるすべての幸福も災厄も母親に由来するっていう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月25日

    マルチな目線で、10-30代くらいの女性のファッション(服装っていうだけの意味じゃなく)について描かれる短編集。で、個人的に特に気に入ったのは、高校生とレズばあさんの不思議な交流が描かれた一作。多感な時期に対する示唆に富んだ発言が盛り込まれていて、ここだけでもっと引っ張って欲しいと思ったくらい。それ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月01日

    救いの本。女たちが女として生き始めた思春期からアラサー、そして白髪になっても、悩み続けることが普通だって言ってくれる本。過去の自分も、今の自分も、未来の自分も救ってくれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月19日

    時間がたつにつれ、何度も考えてることに気づく本がある。
    なんでなんだろう、読んだ直後はそれほどでもないような感じなのに。

    もういちど。読みたい…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月29日

    やばい!すごい!IQ高そうじゃない叫び!!ほんとに女性マンガってずるい。4分半のロックナンバーみたいに、Gのコードを掻き鳴らして、そのまま1話分を終わることができるなんて。/最後の「モヤさま」に持って行かれた。ああ、女のひと、だ。/「女は醜くて 男は愚かだ」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月07日

    全1巻 タイトル通り様々な女性をフォーカスした作品。次の話に繋がっているようで繋がっていない話の展開がかなり好きだったり。私が初めて読んだヤマシタトモコ作品だけに思い入れがあります。瞳がくりっとしている彼女たちが素敵。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月26日

    ヤマシタトモコ先生=BLのイメージがあったんですが、これはすべて女性のお話し(男性目線もありますが)
    短編だけどそれぞれの話が微妙にリンクしてるのも楽しい。

    女性のヒリヒリした焦燥や嫉妬、不安などなど、とにかくモヤ付いたものを表現するのがすごく上手いなあと驚き。
    私はとても共感する部分が多かった。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月28日

     心臓を抉られる。人に見せられないコンプレックスや深層心理を表面化させられたような心地になった。

    CASE1の井出さん。自分の好きな靴を履いて好きな服を着る。もし男性に選ばれたら、その時は選ぶ準備はできているのに、選ばれない。選ばれるのは、いつも自分と違う女の子。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月26日

    この漫画からヤマシタトモコさんのファンになりました。
    女性ならきっと共感できるストーリばかりです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月06日

    さとこちゃんに借りた、さとこちゃんが大好きなまんが。
    読み終わって、ルミネの「会えない時もちゃんとかわいくってごめんなさい」が浮かんで、わたしも毎日かわいく生きよう、と思った。
    おんなのこが大好きなんだけど、このまんがはまさにそれで、とにかくいいまんがだった!!!好きだこれ!!!!!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています