米原万里の一覧

「米原万里」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/01/24更新

ユーザーレビュー

  • 旅行者の朝食
    楽しいです。お腹が空きます。人生に悩んでいる人にオススメです。シンプルにおいしくごはんを食べることこそが「しあわせ」だとわかる本です。
  • オリガ・モリソヴナの反語法
    ソ連の大粛清時代に、屈辱や理不尽な仕打ちの中を生き抜いた女性たちの力強さを感じる傑作大河。
    悲惨な表現もある中、ともすれば暗い内容になりがちだが、主人公とそのパートナーに茶目っ気があり、絶妙な雰囲気となっていた。
    フィクションだが、ノンフィクションに近く歴史の勉強にもなる。
  • 打ちのめされるようなすごい本
    書評のあつまりです。
    一つ一つが重く、息苦しい感があり、ぎゅっと固まったチーズを薄くそぎながら前に進むイメージです。
    鋭い論評と、博学で、事実と経験に裏付けられた内容にて、圧倒されます。
    他の書も読んでみたくなりました。
  • 打ちのめされるようなすごい本
    米原万里の書評集。週刊文春に連載していた「私の読書日記」と、各誌・紙に書いていた書評を集めたもの。文庫本には、井上ひさしと丸谷才一の解説がついている。
    「打ちのめされるようなすごい本」という題名の書評集であるが、本書を読んだ人は、米原万里のすごさに打ちのめされる部分があるのではないか。その読書量、博...続きを読む
  • ロシアは今日も荒れ模様
    ロシア産以外のシャンパンは本場フランスのものでも「スパークリングワイン」と呼ぶというとんでもない法律がロシアでできた、それは原産地の名称保護の動きの一環でアルメニア産の酒に「コニャック」の名称を使わないとした影響かもという記事を読んで、アルメニアのコニャックの通訳譚を思い出して、本箱から掘り出して読...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!