「米原万里」おすすめ作品一覧

【米原万里】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/07/07更新

ユーザーレビュー

  • 魔女の1ダース―正義と常識に冷や水を浴びせる13章―

    読書日:2017年5月5日-5月6日.
    数字の13は日本に於いては縁起が良い数字だと初めて知りました。
    Friday the 13th等で13は不吉な数字という思い込みがあったので驚きました。

    русский языкの通訳者ならではのрусскийや旧СССРの国々等のうんちくを笑いを交えて伝え...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 嘘つきアーニャの真っ赤な真実

    作家であり、ロシア語の同時通訳者でもある著者。1950年生まれの彼女は、10代にさしかかろうとしていた1960年から1964年まで、父親の仕事の関係でチェコへ。プラハにあるソビエト学校に通いました。本作はそのソビエト学校で仲の良かった3人、リッツァ、アーニャ、ヤスミンカとの思い出とともに、後に著者が...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • オリガ・モリソヴナの反語法

    エッセイストでロシア語同時通訳者の米原万里さんによる、小説。少女時代をチェコのソビエト学校で過ごした彼女の経歴が活かされている。
    時代は1930年代から現代まで。チェコのソビエト学校の同級生たちと、当時謎に包まれていた二人の先生の人生を追跡調査する物語。
    とても重く、読みごたえがあった。戦前および戦...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集