他諺の空似 ことわざ人類学

他諺の空似 ことわざ人類学

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「目糞鼻糞を笑う」も人類共通? 「寄らば大樹の陰」「蛇の道は蛇」「朱に交われば赤くなる」「頭隠して尻隠さず」……。世界中のことわざには、類似の文句が同じ意味に使われている例が多い。世界各国でのことわざの用法を比較しながら、持ち前の毒舌で現代社会・政治情勢を斬る。知的風刺の効いた、名エッセイスト面目躍如の29篇。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
292ページ
電子版発売日
2016年07月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

他諺の空似 ことわざ人類学 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月05日

    定期的に読み返す本。
    世界の言語の偉大さと文化のつながりを教えてくれる。
    ちょっとした言い回しが、各国お国柄出てて超面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月09日

    各国の諺の羅列よりも、差し込まれている小話やジョーク、湾岸戦争等社会に関する話の方が面白かった。
    米原万里が生きていたら今の社会に対してどう語るだろう。返す返すも彼女の死が残念でならない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月31日

    古今東西のことわざを紹介しながら、歯に衣着せぬ物言いで世相をばっさり斬って見せた痛快なエッセイ集。各章の冒頭にある艶笑話が言葉の羅列で堅くなりがちな内容をぐっと親しみやすくしてくれる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています