「丸谷才一」おすすめ作品一覧

【丸谷才一】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/02/10更新

ユーザーレビュー

  • ボートの三人男

    ヴィクトリア朝の頃のスラップスティック・コメディ、真顔の冗談、犬つき。
    谷崎の『陰翳礼讃』に言及されていたり、あと多分椎名誠か何かでも見たし、先日読んだ『シャーロック・ホームズの世紀末』ではこの作品の霊感源となったであろう風刺画に触れられていた。
    語り手の大袈裟で真面目くさった居住まい、そして解説に...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 輝く日の宮

    なんという 小説なのだろうか。
    松尾芭蕉の奥の細道 
    そして源氏物語を ひもといていく。

    その徹底した構成力と 文体の変化に
    作者自身の 智力 と 洞察力。
    人間模様の 変化 など。
    円熟した ふでさばき の職人ワザ。
    恐ろしいほどに 切り込んでいく。
    まったく、スゴイ人が いるんですね。

    その...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 輝く日の宮

    とても面白かったです。特に「源氏物語」ファンにはタマラナイでしょう。僕はそうじゃないんですけど、舌を巻きました。

    やっぱり丸谷才一さんは、凄いなあ、と。なんていうか、好きか嫌いか、という趣味の問題はもちろんあります。
    なんていうか、ソコと別次元で、「知っている」「考えている」「自分の趣味を貫く」「...続きを読む

    Posted by ブクログ