闊歩する漱石
  • 値引き

闊歩する漱石

作者名 :
値引き価格 324円 (295円+税) 8月27日まで
通常価格 649円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

夏目漱石の『坊っちゃん』は、あだ名づくしで書かれた反・近代小説。『三四郎』は、都市小説のさきがけ。そして『吾輩は猫である』は、価値の逆転、浪費と型やぶりによる言葉のカーニバルーー。漱石の初期3作をモダニズム文学としてとらえ、鑑賞し、分析し、絶賛する。東西の古典を縦横無尽に引いて、斬新明快に語る、最も自由な画期的な漱石論。漱石の楽しさを語ろう!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2019年02月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

闊歩する漱石 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    恥ずかしいことに三四郎は未読なのです(汗) 発想の仕方も文章もしゃれっ気も、まさに知的とはこの事って感じ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年02月29日

    夏目漱石の『坊っちゃん』『三四郎』『吾輩は猫である』を独自の視点で紐解く一冊。

    他作家の作品の引用や、文学史の話になると知らないことだらけで、これをすべて勉強するには時間が足りないと焦る気持ちになる。
    でも何も硬くなることはない。縛られずに自分で想像してみることの楽しさを教えられた。
    本は自由を与...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています