嶽本野ばらの一覧

「嶽本野ばら」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2020/01/03更新

ユーザーレビュー

  • シシリエンヌ
     ここまで物語の前半と後半で印象の違う小説はそうないと思う。
     今まで自分が読んできた嶽本野ばら作品の中でも、秀でて告白ぐあいがすごい。どうしてこんなに倒錯した美しい世界を書くことが出来るのだろう。自分にはどう足掻いたって届きそうもない恋物語が、この小説にはある。それに恍惚として、ちょっと哀しくなる...続きを読む
  • シシリエンヌ
    信頼を置いている野ばらちゃん作品。

    今回は他の作品に比べてかなりハードな性描写で休憩を挟みながら読んだが、「貴方」の痛いほどの女らしさが眩しくて心を奪われた。
    見返すと殆どのページが性描写。(ただし、厭らしさ<耽美)

    こんな内容なのに(だからこそ?)愛してると一言も言わなかったのが最初からねじ曲...続きを読む
  • ミシン missin’
    20年振りに再読。表題作他、「世界の終わりという名の雑貨店」収録。初めて野ばらさんの本を読んだのがこちらの作品でした。どしようもなく青くて痛々しくて、不器用で歪、恐ろしく純粋で気高い――「世界の終わりという名の雑貨店」はそんな作品です。人を好きになること、愛することはきっと傍から見てそんなに美しい姿...続きを読む
  • カフェー小品集
    実在する喫茶店を舞台に書かれた短編小説集。実際にお店を切り盛りするマスターやママ達の証言も含まれているので本作に登場する喫茶店がとても身近に感じられます。あとがきにあったように本作取り上げられた、昔ながらの喫茶店は姿を消しつつあることが一抹の寂しさを感じさせます。けれども、古き良き喫茶店ほど嶽本野ば...続きを読む
  • ミシン missin’
    これが僕がはじめて読んだ嶽本野ばら作品でした、
    こんなにも退廃的だけどなにか違うと思ったのは初めてです、
    多くの性的表現があっての作品かなとは思いました
    けれど、そこがいい!と僕自身思ってはいます、

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!