鱗姫

鱗姫

作者名 :
通常価格 517円 (470円+税)
紙の本 [参考] 523円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

血を分けた兄妹の禁じられた絆と呪われた血の宿命はいかに?!野ばら流“世にも奇妙な物語”!げに恐ろしきは鱗の病―美貌の娘・楼子(たかこ)を初潮とともに襲った「鱗病」。その忌まわしき病を伝える龍鳥(たつお)家の秘密とは? 自慢の肌を冒す病の恐怖に脅える楼子は、やがて凄惨(せいさん)な治療法を発見するが・・・。 平成の耽美派・嶽本野ばらの異色の美肌ホラー、待望の電子書籍版!

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
221ページ
電子版発売日
2011年03月01日
紙の本の発売
2003年09月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2020年01月06日

    面白かったです。
    美意識の高い、美しく高慢なハードコア乙女の楼子さん大好きです。所々、発言が過激なのが良いです。
    美肌に固執する楼子さんが発症した、龍烏家の女性特有の遺伝病・鱗病。エリザベート・バートリーも鱗病だったのでは…からの血塗れなお話でした。黎子叔母さまも素敵。
    現代を嫌悪する…という美意識...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月09日

    エリザベト・バートリと、ブラック・ジャックに出てきた女占い師と、シーラカンスの呼吸と、人魚姫とその中に出てくる魔女。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    耽美な世界観にうっとり。
    おどろおどろしい中にも、美意識が存在しています。
    若干過激な描写があるので、苦手な方はご注意を。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    初野ばらがこの本でした。キャッ。

    たびたび本をとじ、爆笑。ページをめくるごとに彼の才能を見せつけられました。

    天才。野ばらちゃんは間違いなく天才。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    これまた大好きな1冊。鱗が身体に生える女の子の話なんだけど、ラストがとにかくエロい。
    ファンタジックなお話。でもエロい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    読んで衝撃を受けた作品。
    怖いけど読んだあとにめずらしくスッキリした。
    やっぱり野ばらさんの作品は綺麗。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月04日

    十数年ぶりに再読中。
    嶽本野ばらの独特の世界に惹かれる。
    これでもかと言うほどにハイブランドの描写がされることで、高級なお嬢様感がビシバシ伝わってくる。

    物語のグロテスクさはやはり以前と同じく
    うえーな感じだけど、前回とはまた違った心地で読んでました。
    このマニアックさが好き。

    野ばらさんの本を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月09日

    【お嬢様の語るトラウマ的物語!】
    エログロな悪夢にうなされるような内容ながら、なかなか面白かった。やはりあのお嬢様語りが癖になる。

    京都らしさは全体にもっと漂わせてほしかった。でも黎子叔母様はすぐ居なくなるし、罪深いし、色々疑問点がある人物。お兄様、琳太郎さんがいつでもカッコいい。
    改めて野ばらさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月14日

    嶽本野ばら氏の作品はとても好きで、この鱗姫はその中でも特に好きな本の一つと言えます。

    主人公・楼子にもそれは言えるのですが、嶽本氏の小説に出てくる女の子が持っているとても高い美意識やその描写がとても好きです。また不思議の国のアリスを彷彿とさせる括弧書きの心情描写もこの話を面白くさせている要因だと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月10日

    野ばらちゃん作品の中で1位2位を争う作品
    やぱ、あにいもうとは最強
    琳太郎くんいたいなお兄ちゃんがほしい
    楼子さんのお肌に対しての思いを読むと
    自分も美しくなる努力をせねばと思わせる
    鱗の描写もおどろおどろしくてすき

    しかし終盤のところで、枚数制限があったのか
    野ばらちゃんのモチベーションが下がっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています