【感想・ネタバレ】鱗姫のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年01月06日

面白かったです。
美意識の高い、美しく高慢なハードコア乙女の楼子さん大好きです。所々、発言が過激なのが良いです。
美肌に固執する楼子さんが発症した、龍烏家の女性特有の遺伝病・鱗病。エリザベート・バートリーも鱗病だったのでは…からの血塗れなお話でした。黎子叔母さまも素敵。
現代を嫌悪する…という美意識...続きを読むが出てくるからか、今回のお洋服はVivienne Westwoodでした。兄の琳太郎さんはCOMME des GARCONS。コム・デ・ギャルソンは後程検索してみよう。。
「外見をどう取り繕うかを決定するのは内面」という楼子さんの言葉はとても腑に落ちる大好きな言葉です。わたしはまだまだ乖離しているけれど、いつかきっと。
醜悪な鱗病、黎子叔母さまはその為に恋や愛を失ったけれど、楼子さんと琳太郎さんはふたりの世界で強く生きていくことでしょう。それは幸せだと思います。
なんだか、「鱗姫」を読むと心が強くなります。わたしに美しさは全くないけど…不思議。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年02月19日

歪な狂気も、突き詰めれば崇高なものに昇華する。

そんな感じ。

凄惨なシーンも散見されますが、個人的には最高の作品かと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月09日

エリザベト・バートリと、ブラック・ジャックに出てきた女占い師と、シーラカンスの呼吸と、人魚姫とその中に出てくる魔女。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

耽美な世界観にうっとり。
おどろおどろしい中にも、美意識が存在しています。
若干過激な描写があるので、苦手な方はご注意を。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

初野ばらがこの本でした。キャッ。

たびたび本をとじ、爆笑。ページをめくるごとに彼の才能を見せつけられました。

天才。野ばらちゃんは間違いなく天才。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

これまた大好きな1冊。鱗が身体に生える女の子の話なんだけど、ラストがとにかくエロい。
ファンタジックなお話。でもエロい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

読んで衝撃を受けた作品。
怖いけど読んだあとにめずらしくスッキリした。
やっぱり野ばらさんの作品は綺麗。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月04日

十数年ぶりに再読中。
嶽本野ばらの独特の世界に惹かれる。
これでもかと言うほどにハイブランドの描写がされることで、高級なお嬢様感がビシバシ伝わってくる。

物語のグロテスクさはやはり以前と同じく
うえーな感じだけど、前回とはまた違った心地で読んでました。
このマニアックさが好き。

野ばらさんの本を...続きを読む読んでるときに感じる、
「ん?」となるいつもの疑問符もさらっと流しつつ、楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月09日

【お嬢様の語るトラウマ的物語!】
エログロな悪夢にうなされるような内容ながら、なかなか面白かった。やはりあのお嬢様語りが癖になる。

京都らしさは全体にもっと漂わせてほしかった。でも黎子叔母様はすぐ居なくなるし、罪深いし、色々疑問点がある人物。お兄様、琳太郎さんがいつでもカッコいい。
改めて野ばらさ...続きを読むんすごいです

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月14日

嶽本野ばら氏の作品はとても好きで、この鱗姫はその中でも特に好きな本の一つと言えます。

主人公・楼子にもそれは言えるのですが、嶽本氏の小説に出てくる女の子が持っているとても高い美意識やその描写がとても好きです。また不思議の国のアリスを彷彿とさせる括弧書きの心情描写もこの話を面白くさせている要因だと思...続きを読むいます。

似たような主題の作品に「おろち」が挙げられますが、こちらはそれをもっとソフトにした様な感じです。「下妻物語」から嶽本氏に入られた方は、この話も読みやすいのではないでしょうか。

星が4つな理由として、他の方も挙げられていますが、最後の件が急展開すぎる上に、そうなる事に違和感を覚えるからです。しかしこういう終わり方をするのも嶽本氏の魅力の一つであると言えなくもありません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年01月10日

野ばらちゃん作品の中で1位2位を争う作品
やぱ、あにいもうとは最強
琳太郎くんいたいなお兄ちゃんがほしい
楼子さんのお肌に対しての思いを読むと
自分も美しくなる努力をせねばと思わせる
鱗の描写もおどろおどろしくてすき

しかし終盤のところで、枚数制限があったのか
野ばらちゃんのモチベーションが下がっ...続きを読むてしまったのか
あれよあれよと押し込めるように
終わってしまったのがかなり心残りなのでよっつ

まぁ楼子さんが幸せならそれでいっか、と思う

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

お嬢様の龍烏楼子。彼女は誰にも言えない秘密があった。
少しグロくて怖い部分もありましたが、かなり面白いです。
乙女調の文章がおもしろい。サラッと読めました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

野ばらさんの作品は独特の世界で好き。耽美的。これはファンタジーてゆうかホラーっぽいです。美の孤独ってかんじでこわい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

野ばらさん独特のあの文体にも慣れてきました。最後が急展開でしたがモティーフとしては好みの作品です。私としてはもっと美について考察があっても良かったのですが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年04月09日

タイトルを見て「野ばら本っぽい!」と思って手に取った本。
読み進めて行く内にじわりと手に汗をかきます。
結末が苦手な人も居るかも知れない。そんな感じ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年03月15日

奇跡的な美肌と美貌を持つ京都の名門・龍烏家の長女、楼子は、兄の琳太郎とともに日々美しきものだけを愛する暮らしを送っていた。
その楼子を奇病が襲う。
やがて、発病を待っていたかのように、楼子の憧れる美貌の叔母・黎子がやって来る。
その叔母の口から楼子は、病を伝える龍烏家の秘密を明かされる。

主人公の...続きを読む楼子のキャラクターにとにかく圧倒されてしまいました。
本人自ら、「ウルトラ・スーパー我儘お嬢様体質」と明言する彼女の言動は、とにかく徹底しています。
彼女の暴言をあげつらっていたらキリがないほど。

たとえばですね…。
「お昼ご飯を外食にせずお弁当にして貯金をし、海外旅行に行くような人間」を彼女は、正真正銘の貧乏人だと蔑みます。
また、街を歩く頭髪の薄い人を指差して「あそこにみっともないハゲがいる」と言ったりするのです。

楼子にとっては、裕福さと美しさは人間として生きる最低条件であって、それを兼ね備えていない人種は、生きる資格もない――とすら思っているふしがあります。
(僕など、楼子には口も聞いてもらえないでしょうね。視線を合わせてももらえないかも)

とにかく、彼女の言動は僕の常識とか価値観といったものを根こそぎなぎ倒してくれました。
ここまでやってくれればいっそ、気持ちいいやと思えるくらいに。

でもね、よく考えてみれば、楼子は極端であっても異端ではないのです。
誰だって醜いものは好きではないし、貧乏だってしたくはないでしょう。
仮に美しさも冨も求めない人がいたとしても、人として生きている以上、何らかの価値観はあるはずだし、その価値観から外れるものに対しては嫌悪の気持ちを抱いたり、蔑視したりするでしょう。
ただ、楼子の場合はその気持ちにあまりにも正直過ぎるだけなのです。

そんな楼子を襲った病は、彼女が最も大切にしている「美」を奪い去ろうとするものでした。
醜くなるくらいならば死んだ方がいい。楼子ならそう思うのが自然な気がしましたが、彼女は生きることを選択します。
彼女の今までの言動からはとうてい考えられない結論のように僕には思えました。それほど――人間の生への執着というのは強いものなのでしょうか。
鱗病を患った患者がいみじくも、こんなことを言います。

「(前略)でも……生きる為には……希望なんて必要……ないのよ。生き物は……そんな高級なものがなくても……存在し……続ける(後略)」

そうなのでしょうね。
生きるということの前には、価値観も自尊心も誇りもちっぽけなものなのでしょう。楼子のような誇り高きお嬢様でさえそうなのですから。

さて、物語はいささか唐突な終焉を迎えます。
人間は「生」にも執着しますが、それと同じように「性」にも執着するのですね。
忌まわしき血の物語は、二重の意味で呪われたものになっていきます。
もうこうなると、倫理観もへったくれもありません。
最後の最後まで、僕の常識を蹂躙してくれたこの小説。
こういうラストはむしろ相応しいのかもしれませんね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月23日

特殊な設定と世界観は、学生だった当時大ハマりしたのを覚えている。今はもっと冷静に読んでしまったけど、あの頃読み切れなかった部分や美しさに気付けたりしたのは嬉しい誤算。これはなかなか面白いと思う。でもこの世界観に興味を持たない人にはどう映るのだろうか。
あと鱗ってそんなに気持ち悪いのかな。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年11月17日

内容(「BOOK」データベースより)
奇跡的な美肌と美貌をもつ京都の名門龍烏家の長女・楼子は、最愛の兄・琳太郎とともに、揺籃の中で日々美しきものだけを愛する暮らしを送っていた。その楼子を奇病が襲う。やがて発病を待っていたかのように、楼子の憧れる美貌の叔母・黎子がやってくる。その叔母の口から、楼子は、...続きを読む病を伝える龍烏家の秘密を明かされるが…。美しきものと醜きものを苛烈に峻別してきた美意識が、己自身の身体を脅かす醜きものに恐怖する。耽美をモットーとする著者が、美の孤絶を高らかに宣言した異形のホラー。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ええええ、ホラーなの!?
やだ怖い、どうしよう~と思いながら恐る恐る読みました(笑

なんとなく、文体や内容や、ヒロイン・楼子のセリフの大仰さから、まじめな顔した隠れコメディかと思ってて。(←不謹慎)

後半部分でちょっとグロい場面はありますが...
恐れていたほどのホラーではなかった、かな?

きれいなお姉さん、素敵な実兄など、
いろんなラノベ要素もありますよ^^

でも、これ、字で見るからまだ平気なのですよね。
これはたぶん、映像で見るとキツイかも。
特に隔離病棟の場面とか、ひやぁぁぁぁ。
ダメダメ、想像しちゃ(笑

エリザベート・バートリは有名ですよね。
桐生操には必ず出てくるくらいのイメージ(笑
お城の残酷な話系のやつ。

でも、そこからの想像力、やっぱりプロはすごいですよね。
着想力が。

私なんかだと、いやもう血を浴びるとか体がふやけそう!
縮みそう!
とか意味の分からないことを考えてしまって。

きれいになるどころか、赤黒く変色しそう、とか...

でも鱗を取るため、と考えたら。
各地に残る人魚姫伝説がもし本当なら。
そんないろんなパーツを拾って、こんなお話を作り上げるのってやっぱりすごい。

でも、やっぱり最後まで、ちょっとふざけた感があって、逆にそれが救いになってると言うなんか不思議な。

しかし美男美女だと、兄妹でも恋愛感情を持つんですかねぇ...
兄も妹もいない人の幻想でしかないと思うんですけどねぇ...

この業の深い二人の行く末は!
怖いので見たくないです!(笑

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月05日

謎の奇病、主人公の高い美意識、謎めいた美女である黎子おばさま。
私の好みの要素が沢山鏤められていて、凄く読みたい本でした。
黎子おばさまは確かに素敵でしたし、
大好きなエリザベート=バートリの名前も出てきましたし、
そういう所は凄くわくわくしました。

でも嶽本野ばらさんの本は基本的に文章力がラノベ...続きを読むっぽいというか、
折角高い美意識や、ロリィタファッションへの造詣の深さがあるので、
其れが活かせる位、文章も美しかったらな…と残念に思います。
ラストも一寸安直と云うか、簡単だったかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月01日

めもめも

私は世界の有象無象の中から、美しいものだけを選択し、大切にし、今まで生きてきた。
だから、皆、私達を嫌悪すればいいのだわ。先ずは差別すればいい。
醜悪なものを醜悪なものとして、差別すればいい。それが内面に関することでも外面に関することでも、どちらでも同じこと。美しいものを美しいと素直に感...続きを読むじるように、醜いものを素直に醜いと感じればいい。

 現代を私が嫌悪し続けるのはね、醜いものを醜いという感覚を拘束し、体面で糊塗することが人間らしさだとされる時代だからなの。

(中略)
醜悪なものを現代のヒューマニズムは、醜悪だといわない。醜悪なものを醜悪だということはヒューマニズムに反することだとされる。悪だとされる。
現代のヒューマニズムにおける正義は、醜悪なもの、異形なものに一見、優しい。

でも優しさなんて何の役にも立ちはしない。理解できないものを理解しなければいけない時、人間は苦肉の策として優しさを持ち出すのよ。真に理解していれば、相手を認めていれば人は人に優しくなんてなくていい。残酷でいられる筈なのよ。

安易な理性によって私達にヒューマニズムが与えるものは同情のみ。同情なんていらないわ。

同情するくらいならきっぱりと差別してくれればいいのよ。差別をされたものは差別をされたものとしてのアイデンティティを築くことが出来る。

このレビューは参考になりましたか?