カフェー小品集

カフェー小品集

作者名 :
通常価格 517円 (470円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

嶽本野ばら初の書き下ろし短編集、待望の電子化!

あの『ミシン』で鮮烈なデビューを遂げた嶽本野ばらの初の文庫版を電子化。
 互いに頑なな誇りを持つが故、すれ違い、翻弄されつつも惹かれあう「僕」と「君」の恋愛風景の数々―。京都・東京・鎌倉・小樽と、著者自らが偏愛するカフェーを巡り、その時空から紡ぎだした、夢ともうつつともつかない短編・掌編12本を収録。  他の作品群にもつながる作家独自の美意識が色濃く映し出された好著。ファン必読の一冊です!

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年05月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

カフェー小品集 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年02月02日

    阿佐ヶ谷ヴィオロンは大好きなカフェーです。
    ブランデー入りのコーヒー飲みながら静かに本読みたいなぁ。
    ニュートンの林檎のモンブラン持ち込みで。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月19日

    カフェーを舞台に、さまざまな人間模様が交錯する短編集。

    どれも個性的で、読み応えのあるお話がそろっています。

    この本を片手に、カフェー巡りをしてみたくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    何年ぶりかに読んだ。
    レトロな喫茶店が好きでロマンチストな人には絶対おすすめ。
    京都に行ったら、ここに載ってるお店をまわりたいなー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月14日

    面白かったです。
    カフェー、素敵な響きです。
    昔からある純喫茶の趣…行ってみたいカフェーがたくさんですが、閉店してしまったお店もあるみたいで悲しいです。腰を重くしてないで、行きたいと思ったら行かねば、です。
    フランソアは行きました。ミルクホールはお店の前まで行ったけど時間切れです。また行きたい。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月30日

    野ばらさんの書く美しい文章と喫茶店。
    これほどマッチする作品はないなあと思いました。
    作中にあるミルクホールに実際行ってみましたが、読みながら想像してた喫茶店そのものですごく感動しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月07日

    実際に行ってみたくなるカフェがたくさん描かれています。どのカフェもどことなく停滞している雰囲気で、懐かしい感じがしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月11日

    痛々しいくらいに共感できたものが幾つかありました。
    野ばら先生怖いです、、、。
    名曲喫茶行ってみたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月19日

    『僕』と『君』が繰り広げる多彩な恋愛模様の短編集。
    出てくる「カフェー」も実在する場所で
    きっと雰囲気にあった話なのだろうなと読んでから思いました。

    昔なのでまだそのカフェーがあるかんかりませんがまだやってるとしたら
    行ってみたい気持ちになりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月16日

    カフェでなく、カフェー。実在する純喫茶を舞台にした嶽本野ばららしい小編集。

    登場するカフェーで知ってるのはフランソアと築地、ソワレくらいやけど嶽本野ばら作品は純喫茶によく合うなぁ。時代から取り残されたような…

    ジャンルは全く違うけど、二階堂のCMもそういうとこありますなぁ。
    糸きりだんごのお店行...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月17日

    文学×飲食店という興味が尽きないので、
    どっか行きたいなあ、という趣旨で読み返し。

    野ばらちゃんの世界にぴったり寄り添った店たちにはいつか行ってみたい。
    いまどき骨董品のような恋物語に、時代に取り残されたカフェーたち。
    手始めに井の頭公園の宵待草とか、どうかしら。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています