ミシン missin’

ミシン missin’

作者名 :
通常価格 473円 (430円+税)
紙の本 [参考] 481円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

発売当時、数多くの読者に衝撃的な感動をもたらし、のちの全嶽本野ばら作品の原点となったベストセラー処女小説集、待望の文庫版!

 孤独な青年雑貨店主と、心に病をもつ少女――Vivienne Westwoodの洋服を愛する二人が運命的に出会い、はかない逃避行に旅立つ名作「世界の終わりという名の雑貨店」、そして、MILKの洋服を華麗に着こなすカリスマ・ヴォーカリスト、ミシンに恋する少女の「乙女」としての生きざまを強烈に描いた表題作「ミシン」を収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
シリーズ
ミシンシリーズ
ページ数
192ページ
電子版発売日
2011年03月01日
紙の本の発売
2007年12月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

ミシン missin’ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2023年01月26日

    一瞬近代文学を思わせるような美しい文体なのだが、2000年代に書かれたものということで衝撃を受けた。

    2作品ともハッピーエンドではないし、節々にネガティブな空気感を醸し出す作品ではあるが、愛の発見と喪失があまりにも魅力的にかかれているので、後味の悪さというよりも現実の愛のあり方について考えさせられ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2021年08月12日

    20年振りに再読。表題作他、「世界の終わりという名の雑貨店」収録。初めて野ばらさんの本を読んだのがこちらの作品でした。どしようもなく青くて痛々しくて、不器用で歪、恐ろしく純粋で気高い――「世界の終わりという名の雑貨店」はそんな作品です。人を好きになること、愛することはきっと傍から見てそんなに美しい姿...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2021年08月01日

    これが僕がはじめて読んだ嶽本野ばら作品でした、
    こんなにも退廃的だけどなにか違うと思ったのは初めてです、
    多くの性的表現があっての作品かなとは思いました
    けれど、そこがいい!と僕自身思ってはいます、

    0

    Posted by ブクログ 2021年04月02日


    とても好きだった。
    美しかった。退廃的で何が悪いか。
    思想の貫かれた清潔な想いを感じられる作品は本当に美しく、面白い。
    登場人物たちは誰も、社会の大きな歯車の中に、諦めて入っていこうとはしない。自分の美学を、生き方をちゃんと選んでいてどんなに傷つこうと、死んでしまおうとちゃんと守っている。そういう...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2015年10月13日

    嶽本野ばら先生はエッセイと映画しか見たことが無かったのでついに小説に手が出せて良かったです。乙女のカリスマと呼ばれるに相応しい文章で惚れ惚れしてしまいました。

    世界の終わりという名の雑貨店
    最初ミシンが気になりすぎて、ミシンのあとに読みました。ですがこれはこれでとても良い作品でした。いきなりキスを...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2015年07月01日

    久々に嶽本野ばら気分だったので。ていうか昨日からこれ読んでたからうっかりヴィヴィアンウエストウッドのお財布買ってしまったと思われる。
    「世界の終わり〜」素敵すぎた。嶽本野ばらのすごいところはあそこまで作り込んだ美意識の高い世界のなかに、しっかりとほころびの伏線を紛れ込ませているところ。絶対に美しくは...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2014年08月23日

    すっごく綺麗な純愛。おとぎ話みたいなのに引き込まれてしまう。いちいち文章も人物も美しい。
    読み終わってから夢中で『MILK』について調べてサイトを見ながら世界観に浸ったことが忘れられない。高級な砂糖菓子のような、栄養にならなくて可愛くて甘い話。短編ふたつとも甲乙つけがたい愛しさです。
    とろけるほど魅...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2012年12月04日

    自分は乙女ではないと実感させられた
    自分の周りの見慣れた景色
    洋服 バンド 出待ち…苦笑
    これだけ共通するものがあるのに
    なぜ共感はできないのか
    乙女ではないと思うのか
    楽しく考えられました

    0

    Posted by ブクログ 2010年04月06日

    大好きな野ばら先生の処女作
    本当に脆くて透明な短い短い物語
    世界の終わりという名の雑貨店にあなたも訪れてください
    ストーリーは若干異なりますが
    映画も是非・・・
    ストーリーは若干違いますが
    そんなことは特に問題ではありません

    いいとか悪いとか
    関係なく私を変えた1冊でした

    ごめんなさい・・・本編...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2009年10月12日

    こんなに悲しいお話があるのかと思いました。
    「ねぇ、君」で始まるこの小説になんど心を打たれたことか。
    私の嶽本野ばらさんとの出会いの本でもありました。

    0

ミシン missin’ の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

小学館文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング