下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん

下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

乙女のカリスマ作家・嶽本野ばらの名作、「下妻物語」がとうとう電子書籍化!四方八方田んぼだらけの茨城県下妻。そんな田舎で浮きまくりのバリバリロリータ少女 ・ 桃子は、大好きなお洋服欲しさに始めた個人販売で、これまた時代遅れなバリバリ ヤンキー少女・イチコと出会う。見た目も趣味も全く違うこの二人。わかり合えるはずはないのに、やがて不思議な友情が芽生えて……。 ギャグぶっちぎり! 思いっきり笑ってほんのり泣ける爆走青春ストーリー。あの「温泉卓球」コマーシャルを撮った CFディレクター・中島哲也氏が自ら監督を名乗り出た素敵な素敵な映画化原作!

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
315ページ
電子版発売日
2011年03月01日
紙の本の発売
2004年03月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月07日

    好きな事への道を真っ直ぐに進む2人がかっこいい。ボケで桃子が大好きなイチゴ、ツッコミで何だかんだイチゴを気にかけて最後にはデレる桃子、デコボコだけど仲良しな2人が可愛くてほっこり(*´꒳`*)ロリータ服と刺繍が好きで頭お花畑な貴族に憧れる桃子が発する、庶民的で冷静なツッコミが好きすぎるww思いっきり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月16日

    酸っぱいものじゃなく、甘いのだけで生きていきたいロココ精神を貫く桃子に憧れた。貸したものは返ってこなくても文句はない。だってそれって手放していいものなのだから。きゅーとでろっくで大好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月18日

    映画を見て、すごくおもしろかったので原作を…と10年以上前に読んでからの再読。

    映画と同じくらいおもしろい!!!
    下妻でロココな生き方を貫こうとする桃子のシビアさ、それは筋の通ったブレない彼女の強さを感じてとても好き。
    そしてヤンキーイチゴはまた義理堅くて、愛嬌のある頭の悪さでとても好き。
    真逆な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月05日

    尼崎から下妻に引っ越してきた高校2年生の竜ヶ崎桃子は、ロリータ服を身に纏い、ロココの精神を持つが故に、孤高の暮らしを送っていた。とあることから、地元のヤンキー娘で同じく高校2年生の白百合イチゴと出逢う。まったく趣味の異なる二人だが、次第に打ち解けていく。

    二人とも自分の在り方に対して純粋なところが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月24日

    桃子とイチコ。このデコボココンビがなんとも愛おしい。
    似た者同士、ではなく、正直に生きるもの同士、だからこその真っ直ぐな友情。
    いつ読んでも元気が出る。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月04日

    P.137「おう、歩きなのに早かったな」を読んだ瞬間、自然と笑みがこぼれた。素晴らしい伏線。パチンコのこのシーン大好きすぎる。映画のイメージが強すぎて読まず嫌いだったけど、単なるギャグじゃない。全てに意味がある。大好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月25日

    桃子もイチゴも、誰よりもまっすぐで、自分に正直で、読んでいて応援したくなった。
    とても面白かったので、野ばらさんの別の作品も読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月19日

    茨城県下妻市というド田舎を舞台にしたロリータ少女、桃子の物語。家庭の都合で越してきた彼女はロリータ服を買うために偽物ブランド品を売る過程で、地元のヤンキーであるイチゴに出会い――。
    桃子の毒舌が何とも痛快。単純に青春小説としても楽しめますが、下妻周辺の事情を良く知る人にとってはさらに楽しめる内容だと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月18日

    21になって、久々に自分の原点になったものをもう一回触れようと思って8年ぶり?ぐらいに読み返した。

    ああ、これだこれだ!私が1番影響受けたのはこれだ!!と何度なったことか!(笑)


    何度映画や本で見ても、桃子が原チャリを迷うことなく乗ることだとか、イチゴのミコさんに向かって啖呵きったときの言葉だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月02日

    語り口のユーモアさと、「ヤンキーとロリータ」という相反する思想の間に生まれる友情に痺れる作品。こんなダチトモが欲しかった(;ω;)。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています