酒井昭伸の一覧

「酒井昭伸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:酒井昭伸(サカイアキノブ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:日本
  • 職業:翻訳家

早稲田大学政治経済学部卒。著書に『松が好きっ! K3ソフトウェア大研究』 、『やっぱり松が好きっ!楽しいワープロ便利帖 松Ver.5』 、翻訳作品に『スタータイド・ライジング』(デイヴィッド・ブリン)、『ハイペリオン』四部作(ダン・シモンズ)などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/10/05更新

ユーザーレビュー

  • デューン 砂の惑星〔新訳版〕 下
    上・中・下の三分冊で刊行された新訳版の下巻。壮大なるSF叙事詩が開幕した感のあるラスト。いやー面白かった、とこれからが楽しみ、とがいっぺんに味わえる贅沢な読後感だった。本作に影響を受けたであろう作品のタイトルが古今東西メディアを問わずいくつも思い浮かぶ。途方もない、伝説の大作小説なのだなと改めて実感...続きを読む
  • デューン 砂の惑星〔新訳版〕 中
    本日10/15より映画公開の「DUNE/デューン 砂の惑星」原作小説第二部。激動の第一部ラストから母親との逃亡劇、フレメンとの出会い、そして溶け込むまでの顛末。ニュータイプかよと思うほど覚醒しまくる主人公に草。父親からは公爵のポジションを受け継ぎ、母親からはベネ・ゲセリットから通じる認識力の拡大を得...続きを読む
  • デューン 砂の惑星〔新訳版〕 上
    1965年刊。ヒューゴー賞・ネビュラ賞受賞作品。明日10/15からの映画公開にあわせて読み始めた。砂漠を滑走する巨大な蟲と飛び交う小型飛行機、帝国の支配と土着の民族、そして救世主伝説。どっかで見たぞこの世界観……でもこっちの方がずっと古い小説。読んでいる感覚はSFというより歴史ものファンタジーな感じ...続きを読む
  • デューン 砂の惑星〔新訳版〕 下
    ポールがムアッディブとクウィサッツ・ハデラックとして覚醒してからの物語。とにかく面白い。正直面白すぎて言葉を失ってるくらいに興奮してるからとりあえず読んで欲しい。早く続きが読みたいので、次巻以降の翻訳もお願いします!!!
  • デューン 砂の惑星〔新訳版〕 上
    SF好きにはオススメ。
    上巻は、ファンタジーには欠かせない世界観や用語の説明などイントロが長かったが、終盤は展開も早く、どんどん読み進めたくなる。

    ファンタジーのワクワクする高揚感だけでなく、ストーリーにおいて"香料"をめぐる経済、貴族とその地の民族との関係性や政治などの要素が濃いことから、与えら...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!