酒井昭伸の作品一覧

「酒井昭伸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:酒井昭伸(サカイアキノブ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:日本
  • 職業:翻訳家

早稲田大学政治経済学部卒。著書に『松が好きっ! K3ソフトウェア大研究』 、『やっぱり松が好きっ!楽しいワープロ便利帖 松Ver.5』 、翻訳作品に『スタータイド・ライジング』(デイヴィッド・ブリン)、『ハイペリオン』四部作(ダン・シモンズ)などがある。

作品一覧

2024/03/06更新

ユーザーレビュー

  • デューン 砂の惑星〔新訳版〕 下
    いやぁおもしろかった!!

    奥行きのある世界観や壮大な人類史、舞台となる惑星アラキスの緻密な設定に加え、預言者として苦悩する主人公ポールたちの人間模様…しかし、プロットはど直球な復讐劇。これら全ての要素が重なり合って抜群のエンターテイメントを提供する本書は、ヒューゴー賞と第1回ネビュラ賞のダブルクラ...続きを読む
  • デューン 砂の惑星〔新訳版〕 上
    こ…これは物凄い本だ。
    想像を絶するスケールと緻密に設計された独特の世界観。SF、という言葉じゃ表現できないほどの壮大なストーリー。今は亡き著者に脱帽。

    どことなく『風の谷のナウシカ』をイメージさせる。文明社会が滅び、砂漠には巨大な蟲が脅威を振るう。もはや世界は人間が住む環境にない。
    そこに1人の...続きを読む
  • 都市と星(新訳版)
    成熟した文明、安定を得た歴史の終わり。人類はその先に何を見るのか。どれだけ文明や社会が進化しようともそこにあるのは、飽き足らずに新しい世界を求め続ける子どもの様な好奇心が人間の人間たりうる条件であった。
  • デューン 砂丘の子供たち〔新訳版〕 下
    「デューン 砂丘の子供たち〔新訳版〕 上・下」( フランク・ハーバート : 酒井昭伸 訳)を読んだ。
(何度目かわからない)再読。
    
初期三部作の中では一番奥深い難しさを隠し持つものの、読んでいて一番面白いのもこれかな。
    
スティルガー、ダンカン・アイダホ、ガーニー・ハレックのそれぞれが渋くて痺れる...続きを読む
  • デューン 砂丘の子供たち〔新訳版〕 上
    「デューン 砂丘の子供たち〔新訳版〕 上・下」( フランク・ハーバート : 酒井昭伸 訳)を読んだ。
(何度目かわからない)再読。
    
初期三部作の中では一番奥深い難しさを隠し持つものの、読んでいて一番面白いのもこれかな。
    
スティルガー、ダンカン・アイダホ、ガーニー・ハレックのそれぞれが渋くて痺れる...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!