火坂雅志の一覧

「火坂雅志」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:火坂雅志(ヒサカマサシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1956年05月04日
  • 出身地:日本 / 新潟県
  • 職業:作家

早稲田大学商学部卒。1988年に『花月秘拳行』でデビュー。『天地人』で第13回中山義秀文学賞を受賞、2009年NHK大河ドラマ原作となる。主な作品に『覇商の門』、『黒衣の宰相』など。

作品一覧

2018/02/23更新

ユーザーレビュー

  • 天下 家康伝 下
    解説の方も書いてるけど、この本には哲学が書いてある。
    人生で道に迷った時「こんな時家康ならどうするか?」って思ったらこの本を思い出せばいい。
    男の生き様が学べる教科書のような本だと思った。
  • 天下 家康伝 上
    誰と誰が戦ったのが何の戦いとかって教科書で読んだ時には全く頭に入ってこなかった。小説だと登場人物に感情移入できるのと、そこに至るまでの背景が書かれてるから頭に入ってくるのかもなと思った。
    それはさておき、305ページの最後の行が最強。心揺さぶられるというか、感動とはこういう感情のことなんだろうという...続きを読む
  • 天地人 上 天の巻

    天地人は凄く読みやすく良かった

    日本全国の天下統一を成し遂げる希望に満ちた主人公を描くのに、大変だろうと感動させてくれる超大作であるのが素晴らしいところが素敵でした。本当に良い物ありがとうございました。
  • 軍師の門 上
    黒田官兵衛が主人公の小説。非常に面白かった。

    正直、大河ドラマも見ていなかったし、竹中半兵衛とどっちがどっちで、誰の家臣かも覚えていなかった。

    ただ、読み始めたら、面白くてページをめくる手が止まらなくなった。

    歴史ものなので、仕方がないが、人名がわかりづらい。あと地名から何処なのかがぱっとはわ...続きを読む
  • 軍師の門 上
    評価は5.

    内容(BOOKデーターベース)
    戦国乱世、豊臣秀吉の頭脳として、のちに「二兵衛」と称される二人の名軍師がいた。野望を内に秘め、おのが才知で天下に名を残そうとする竹中半兵衛。小寺家の行く末を織田信長に託す決意をし、軍師としての生き様を模索する小寺(黒田)官兵衛。毛利攻略を機に秀吉の下へ集...続きを読む

特集