利休椿

利休椿

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

聚楽第の庭にふさわしい、紫の椿を探すように命じられた又左。又左がただ一度見た紫の椿は、忘れることのない女人との苦い記憶とともにあった――。表題作のほか、連歌師の里村紹巴を描いた「天下百韻」、醍醐の花見での料理勝負「包丁奥義」、落語の祖といわれた安楽庵策伝がただひとり敵わないと思った男を描いた「笑うて候」など、全七編。秀吉の世に生きた美の変革者達にまつわる珠玉の作品集。

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
370ページ
電子版発売日
2011年03月01日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

利休椿 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年06月02日

    秀吉を取り巻く、桃山文化を作っていった人たちの短編集。
    芸術の道は命がけ。
    『天地人』の作者で、個人tr期に一番好きな本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月19日

    桃山文化をになった人々を取り上げた短編集。
    今につづく、日本文化の元、と言ってもいい。
    時の権力者が、金に飽かして教養を学び、建築し、収集し、誇示した。
    それを支えた、専門家、職人たち。
    文化教養にかける情熱や、金額、すごかったんだろうな。
    戦国大名には、御伽衆という、話し相手専門の職がいたのを初め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています