「川端康成」おすすめ作品一覧

  • 作者名:川端康成(カワバタヤスナリ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1899年6月14日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:作家

東京帝国大学文学部国文学科卒。 『雪国』で文芸懇話会賞。1968年にノーベル文学賞を日本人で初めて受賞。代表作は『伊豆の踊子』『古都』などがある。

作品一覧

2016/11/14更新

愛する人達
475円(税込)
浅草紅団
475円(税込)
浅草日記
550円(税込)
伊豆の踊子
432円(税込)
現代語訳 竹取物語
古都
529円(税込)
新文章読本
475円(税込)
千羽鶴
626円(税込)
掌の小説
982円(税込)
天授の子
745円(税込)
東京の人(第1)
745円(税込)
虹いくたび
550円(税込)
眠れる美女
475円(税込)
花のワルツ
378円(税込)
舞姫
626円(税込)
みずうみ
475円(税込)
名人
475円(税込)
山の音
658円(税込)

ユーザーレビュー

  • 眠れる美女

    新潮文庫『眠れる美女』『片腕』『散りぬるを』の3作、三島由紀夫のあとがき。
    『眠れる美女』は端的に言いますと、エロ老人が素っ裸で薬物投与により眠らされている若い美女を撫でさすって一晩添い寝するというサービスが受けられる”眠れる美女の館の”話。主人公の江口老人は、自分はまだ”出来る”というのにプライド...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 古都

    川端康成、後期の名作。
    芸術性が高く難解な川端文学だが、この小説はかなり読みやすかった。
    千重子と苗子。生き別れの双子姉妹の運命的な出逢いから切ない別れまでを美しい京都の四季が彩る。
    風光明媚な名所の数々、伝統と情緒を感じる年中行事、柔らかな「京言葉」と人々の暮らしぶり。
    どの場面も風情があり引き込...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • みずうみ

    美しい女を見つけると後を追ってしまう・・・
    現代でいうところのストーカー行為が癖な主人公。
    おまけに元教師で、生徒と良からぬ関係になりクビになっている。

    追われる女性たちも、それがきっかけで関係を持ってしまう女子高生、自分の価値にちょっと自信を持つ金持ち老人のお妾さんなど、自分が選ばれているという...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集