フランシス・ホジソン・バーネットの一覧

「フランシス・ホジソン・バーネット」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/08/20更新

ユーザーレビュー

  • 秘密の花園
    子供の頃は村岡花子訳を、10年前は光文社古典新訳文庫の土屋京子訳、今度は新潮文庫の黒柳和代訳。12歳の時からの長い付き合いだけど、何度読んでも奥深さがある。

    両親が亡くなって義理の伯父に引き取られるメアリ。インドとはまるで違う本土イギリスへ。暗鬱で荒涼としたヒースばかりの野中に建つ古いお屋敷へ住む...続きを読む
  • 小公女
    恥ずかしながら世界の名作と知らず、手に取るか最後まで迷い、ついに読み始めたが瞬く間にセーラの虜になり、一気に読み終えてしまった。
    GW中世界の名作を中心に読んでいたが自分の中で1番のヒットがこの「小公女」になった。
    いつまでもポジティブに、どんな逆境をも小さい身体で乗り越えながら、自分が王女の気持ち...続きを読む
  • 秘密の花園
     甘やかされ、勝手気ままに召使いを罵る九歳の少女、メアリー・レノックス。小柄で痩せこけ、誰からも好かれない彼女はコレラによって両親を亡くし、インドから伯父のいるイギリス・ヨークシャーへ連れて来られた。もの寂しい荒野に囲まれた屋敷で退屈を持て余すメアリーだったが、温かい人々と澄んだ空気、美しい草花と動...続きを読む
  • 小公子(新潮文庫)
    小学生の頃、このお話を祖母に教えてもらって、
    図書室の隅にある古くて分厚い本(少年少女世界の名作文学でした…!)を読んでから、
    本が大好きになった思い出がひとつ!
    昔から変わらない、暖炉みたいにホッとする素敵なお話。
  • 小公子
    大学の授業で一度英語版を読んだことがあったので、今回この本を読んでイギリスの貴族制度について深く理解できました。
    日本人の子供にとって、貴族制度は身近なものではないので「伯爵」や「小公子」などの単語がちょっと理解し難いかな?と思いますが、サラッと読んで、イギリスには貴族制度というものがあるんだなとい...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!