「加藤典洋」おすすめ作品一覧

【加藤典洋】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/07/21更新

ユーザーレビュー

  • 敗者の想像力
    この本を読むきっかけとなったのは、2017年6月9日、大阪朝日カルチャーセンター中之島教室主催の、内田樹先生と高橋源一郎先生による対談である。
    その中で、高橋先生はこの著作の内容に触れながら、権力に立ち向かう「敗者としての立ち向かい方」についての示唆をされていた。
    それは、この本の第2部で詳しく述べ...続きを読む
  • 戦後入門
    はじめに-戦後が剥げかかってきた
    第1部 対米従属とねじれ
    第2部 世界戦争とは何か
    第3部 原子爆弾と戦後の起源
    第4部 戦後日本の構造
    第5部 ではどうすればよいのか
    おわりに-新しい戦後へ
    新書でタイトルに「入門」とあるのに大変厚みのある本で、これを読んだだけで戦後が分かる!という類の本では...続きを読む
  • 村上春樹は、むずかしい
    [村上さん、引きずり出してみました]人によって好き嫌いが大きく分かれ、文芸界での評判も分裂する傾向にある村上春樹とその著作。デビュー作となった『風の歌を聴け』から直近の『女のいない男たち』までを時系列的に眺めながら、村上春樹の文学史的評価に新たな光を当てようと試みた作品です。著者は、文芸評論家として...続きを読む
  • 戦後入門
    日米関係、憲法9条、核問題、基地問題についての解決方法を提示してくれている。しかしこの解決方法は理念のようなもので、ここに至るまでのプロセスはどうしたら良いのだろうかと思った。
  • 村上春樹は、むずかしい
    ノーベル賞候補にも名があげられ、日本を代表するといっても過言ではない村上春樹さんについて、あまりに強いそういったフィルターを取り除いた本当の凄さというものについて書かれています。大衆的な人気を得ているからといって、そんなに軽い作家ではないと。村上春樹さんとして、文学に対する壮絶な戦いを闘われていると...続きを読む

特集