「仲野徹」おすすめ作品一覧

【仲野徹】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/10/03更新

ユーザーレビュー

  • エピジェネティクス 新しい生命像をえがく
    生物の発現形式はゲノムによって生得的に決定されており、人為的に変えることはできない――。本書はこのような「決定論的な」生命観に変更を強いるかもしれない「エピジェネティクス」という概念につき、その機序や具体例を詳細にしかも分かりやすく記述していく。

    ゲノム上の60億基の塩基配列が生命活動に関わる全て...続きを読む
  • エピジェネティクス 新しい生命像をえがく
    分子生物学中級者向け。とにかく図が少ない上に、新書文字数制限のためかかえって難解に感じる。

    内容はエピジェネティクスの基本が押さえてある。
  • エピジェネティクス 新しい生命像をえがく
    「読売新聞」(2014年7月⒔日付朝刊)で、
    池谷裕二先生が紹介しています。
    【新書に相応しい「ムズオモ系」】
    (2014年7月⒔日)

    駅前の書店で購入しました。
    (2014年8月4日)

    読み始めました。
    (2014年8月14日)

    途中で分からなくなってきたので、
    もう一度、最初から読み直しま...続きを読む
  • なかのとおるの生命科学者の伝記を読む
    大阪大学の教授が書いた生命科学者伝記。

    18人の研究者の伝記をたった1冊で味わえるという意味でお得。偉大な科学者の名言がバンバン引用されているし、それに対する著者の感激も伝わってくるので面白い!
  • なかのとおるの生命科学者の伝記を読む
    阪大の仲野先生が書かれた本。

    名前の通り、「優れた生命科学者の伝記」から仲野先生が考えられたことなどを述べられている。

    大変おもしろく、興味深くて、うっかりするとすべての伝記を購入して読みたくなってしまうところがとても怖い。しかし、残念ながら多くの伝記が絶版になっている。惜しい。

    特に、セント...続きを読む

特集