「心屋仁之助」おすすめ作品一覧

「心屋仁之助」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:心屋仁之助(ココロヤジンノスケ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1964年11月10日
  • 出身地:日本 / 兵庫県

桃山学院大学卒。著書に『光と影の法則』、『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』、『「めんどくさい女」から卒業する方法』などがある。「性格改善」を専門とした心理カウンセラーである。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/10/19更新

ユーザーレビュー

  • 「心が凹んだとき」に読む本
    ふわっと包み込んでくれるような言葉の数々。
    テレビで拝見していると雰囲気もやわらかくあたたたかい。
    ばしっと伝えるより、そっと寄り添ってくれるような一冊。
  • すりへらない心をつくる シンプルな習慣
    1章
    心がすりへり易い人は、自分の好きなことややりたいこと。がよく分からない人。
    自分より他人を優先し過ぎてしまう人。だから、やりたいことや本当は好きなことをどんどんやっていくこと。
    やりたいことは今見つからなくても、過去の経験や気持ち、諦めたものの中から探す。
    自分の気持ちを大事にする。
    2章
    ...続きを読む
  • 一生お金に困らない生き方
    使えば、使うほどお金が入ってくるという不思議。神社ミッションなど、非常に興味深い。そこまで、やる勇気はまだ出ないが、流れを作るということには、賛同できる。
  • すりへらない心をつくる シンプルな習慣
    自分にフィットする本だった。買って手元に置きたい。
    この本によると、心がすりへらない生き方とは「ちゃんと言う」「ちゃんとしたいことをする」「ちゃんと断る」「ちゃんとしたくないことをやめる」とのことでした。
    確かにね。
  • 強がらない。
    内容は、ぢんさんがいつも言ってることだし、ブログにも書いていること。
    だけど、それが分かりやすく、論理的にまとまってるので、心屋のエッセンシャル版として手元に置いておきたい本になった。
    その時々で、ピタッとくる章があるのだろう。
    一読目の今は「世界はお花畑」が一番ピタッと自分に張り付いた。

特集