黒田基樹の作品一覧

「黒田基樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2024/01/23更新

ユーザーレビュー

  • 徳川家康の最新研究 伝説化された「天下人」の虚構をはぎ取る

    大河ドラマを見て、築山事件の史実が気になり手に取った。
     
    「築山殿は、武田勝頼の妻になることで、息子・信康の命も守ろうとしたのではないか」にしっくりきた。
    あと、本当は二人を殺めるつもりはなかったのではなかった(一生幽閉させるつもりだったが、それを苦に思った築山殿が自死)などの見解もなるほど、と...続きを読む
  • 徳川家康と今川氏真
    小学生の時に『信長の野望』(武将風雲録・覇王伝・天翔記あたり)をやり、以来戦国時代のファンです。当時、今川氏真の評価は酒と遊興に溺れて国を失った、的なものでさっぱりでしたが、新資料の発見や新しい解釈や、まだまだ分からないことが多いんですね。考えてみれば、失敗すれば生命の危機という時代で、酒と遊興とい...続きを読む
  • 徳川家康の最新研究 伝説化された「天下人」の虚構をはぎ取る
    徳川家康についての現在の研究についてコンパクトにまとめた本。だいぶ、今までのイメージと異なることに気が付かされる。たとえば、今川家では優遇されていたとか、織田信長とは対等な同盟でなかったとか、武田家とは、勝頼の代になっても苦しめられていたとか。
    また、小牧・長久手の戦いでは、秀吉の調略により、家康の...続きを読む
  • 徳川家康の最新研究 伝説化された「天下人」の虚構をはぎ取る
    徳川家康の研究についてもまだまだ途上の事案が多いようである。今まで歴史の教科書等で学んできたことは違うことが明らかになってきているようである。信長との同盟については家康の方が格が下。ゆえに武田信玄にも格下の大名として見られてしまっていた。しかし、強運が多く生き残ることができた。羽柴政権下では筆頭の地...続きを読む
  • 家康の正妻 築山殿
    沢山書いたのに削除してしまった。
    悔しい。
    築山殿は家康と不仲になり憂いて武田方に内通したが最初は家康はもみ消し、のちに五徳が信長に報告したことから幽閉。
    家康も殺害までは指示しなかったが築山殿の自害で後世面白く書き立てた。との見方。

    最後の締めくくりに簡潔にまとめてあり整理するのに有り難い事だが...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!