【感想・ネタバレ】イムリ 7巻のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2010年04月29日

今いちばん続きが楽しみな漫画。
三宅乱上が選ぶテーマは、ほんとにはずれがなく、がつーってくる。話の重厚さもさることながら、SFならではの、最初の頃にはぴんとこなかった世界の有り様が、話が進むにつれて馴染んでいく過程も至極堪能。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年04月12日

ハリウッドで映画化されても全く遜色のない、一大ファンタジー。この巻で第一章が終わったところなので、未読の方は是非まとめ読みを!ここまでで明らかになった布陣は以下の通り。
先手(カーマ、呪師);攻撃は、ミューバ(双子対決!)、ルーンを凍結した力、地下に眠るイムリ兵、防御はミューバの夢、科学兵器、デュル...続きを読むクの関係者、不安要素は軍事系(三つ巴展開?)。
後手(イムリ、デュルク);攻撃は、イムリ達の知識によるデュルクの成長、イムリの道具、防御はイムリ大陸の虫による科学力の無効化(カーマ対策中?)、不安要素はデュルクの足の獣奴化。

非常に凝った世界観で、巻末と別紙で注釈がついているものの、それを参照せずに登場人物たちのやり取りを追うだけでも充分楽しめる。デュルクが裏切ったと思わせミューバを仲間に引き込むデュガロ大師、悲痛な母親の最期、煩悶し成長するデュルク、そして可愛らしく無垢なイムリの子どもたち(方言もポイント)!
設定・人物描写・ストーリー展開、全てが一流の稀有な作品。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年02月05日

巻を追うごとに面白い!!!!!

これはもう、ここ最近で最高傑作のSFファンタジーコミック。
隅々まで練られた世界観には喝采を贈るしかないのです。

今回は悲しみの章。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年06月28日

相変わらず怖いですが
デュルクの表情がちょっと落ち着いてよかった。
隣に並べてある六巻の彼の凶悪顔ときたら・・・。
背表紙でわかる主人公の内面。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年01月29日

ああもう続きどこおおおおお!?
カーマひどい。前から思ってたけど今回から更にひどいと思った。
ミューバ・・・

気を抜けるところがどこにもないわ…
またちょっと時間が経っているようだけど、この出会いでどうなるデュルク。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月06日

先日読みきったのに更新してなかった。。
恐ろしく重くて悲しいお話。

人が人を奴隷として、心を奪い、所有し働かせることが当たり前となった世界が実際にありそうで非常に恐ろしいです。
基本的にはやっぱり劣等感が発端なわけですが。

主人公には苦難しかなくてちょっと読んでいて辛いのですが、今後が楽しみです...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?