林容吉のレビュー一覧

  • 風にのってきたメアリー・ポピンズ
     半世紀ぶりに読み返す。妙なところをよく憶えていた。バンクス家の男の子がメアリー・ポピンズへのささやかな反抗で「わざと耳のうしろを洗わないでおきました」。
     切ない「ジョンとバーバラの物語」、半裸のゲストヒロインが印象的な「クリスマスの買い物」など、憶えていてよさそうなものだが……。
     なお、ラスト...続きを読む
  • 公園のメアリー・ポピンズ
    公園で起こった不思議な出来事。
    モウさんの、いってしまうことはない、という言葉。ジェインたちが子供だから、ということではなく、覚えているなら、思い出しさえすれば、いつでも会える、いつでもそばにいるのだ。メアリー・ポピンズだって、大人だけれど、二つの世界を行き来している。
  • とびらをあけるメアリー・ポピンズ
    この本の中の「末ながく幸福に」を読んでからというもの、本当に幸福な気持ちで生きられるようになりました。
    こんなに愛と平和とこの世の神秘を感じる文章に出会ったのは、初めてです。
    この物語を理解した時、私の人生は変わりました。
    自分自身とこの世のもの、すべてが一体化して、溶け合うような感覚を味わったので...続きを読む
  • 風にのってきたメアリー・ポピンズ
    夢見るこころを忘れないメアリーポピンズ。
    結局彼女は何者なのか分からなかった。けど、こんなに無愛想なのに惹かれるのは彼女が子供を甘やかしたりはしないけれどなんだかんだで優しいのが魅力なのかな。ウォルトディズニーの約束にでてきた作者自身みたいだと思った。デレがほぼないツンデレ。
  • 風にのってきたメアリー・ポピンズ
    全シリーズ持っていて、今でもときどき読み返します。誰かをやっつけるとか助けるとかそういう魔法でなくて、ちょっと便利でちょっと楽しくなる、こんなことも起きるかもしれないというワクワクする魔法。
  • 風にのってきたメアリー・ポピンズ
    小学生のときに出会って以来、何度も読み返している本。
    メアリー・ポピンズは永遠の憧れです(*´▽`*)
  • 床下の小人たち
    借りぐらしのアリエッティを見る前に読んだので、本の世界での話も先入観なく読むことが出来た。続きも読みたい。醜い人間もいるものです。
  • 風にのってきたメアリー・ポピンズ
    わたしのイギリス好きの原点。自分史上No.1ファンタジー。映画も大好きだけど、原作もまた独特の味わいがあります。何でも出来て、魔法も使える最強の乳母(ナニー)ですね。
  • 床下の小人たち
    ジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」の原作です。

    映画を見てから読んだので、
    筋の違い、役回りの違いは、
    ああ、映画はなるほどジブリらしいと思いました。

    原作に忠実であることよりも、ジブリらしさを出すことに忠実。
    ちょうど、アメリカにおけるディズニーに似ていると思いました。

    小説の方は落ち着...続きを読む
  • 床下の小人たち
    借りぐらしのアリエッティ原作。メイおばさんがケイトにしてくれた借りぐらしの小人のお話。本当のお話かどうかわからない書き方(終わり方)がとても好き。アリエッティの家の細々した家財などの描写が丁寧で表紙の絵と見比べながら楽しみました。また人物描写が大人の方が楽しめるくらいリアルに描かれています。ホミリー...続きを読む
  • 帰ってきたメアリー・ポピンズ
    もーーー
    メアリー・ポピンズ 素敵すぎ。
    この1冊で思わす付箋つけたのが
    『7 夜の外出日』太陽の語り。

    大人になって読む児童書って 滋味が増している事に気付くし
    遠回りして答えを見つける事、沢山。
  • 風にのってきたメアリー・ポピンズ
    大人になって読む児童書って
    何でこうも効くんだろ。

    夜の動物園の話。
    キングコブラの台詞が
    ずしーん!と。

    貸してくれたMちゃん
    毎度ありがとう。
  • 風にのってきたメアリー・ポピンズ
    映画を先に見ました。
    とても素敵なお話だったので、ぜひ、本でも読みたいと思いました。
    わくわく、どきどきする感じが、映像を見た後だと、本を読んでいても、思いうかぶことができます。
    読むかどうか迷ったら、ぜひ一度、映画をごらんください。DVDで検索すると出てきます。
  • 風にのってきたメアリー・ポピンズ
    一番最初に読んだ幼少の頃の読解力では、ポピンズさんはいじわるなのかと勘違いしていました。
    そして年をとるとともに物語の理解の仕方も変わっていったのです。また読んでみようと思います。
  • 帰ってきたメアリー・ポピンズ
    新しい子がやってくる日のことを、こんな風に描いている物語を他に知らない。
    「ブリルばあやが、なにか見せてもらえるものがあるっていってたわ!」
  • 風にのってきたメアリー・ポピンズ
    お友達に薦められて読んでみました。
    メアリーポピンズの印象がいっぺんでひっくり返る!!
    「ボタンの二つついた、茶色いキッドの新しいくつをはいているのに、そうお若い盛りともみえないなんて―なんということでしょう!」
  • 野に出た小人たち
    主人公の少女の一番好きなところは、外の世界への好奇心と強いあこがれをもってるところ。外国へ行ってみたい!と強く思っていた10代の頃を思いだした。床下でうまれ育った少女が初めて外の世界へ飛び出し、冒険をする。それだけでわくわくするではないか!そして、新たな男の子出現!このお話の聞き手は人間の女の子、そ...続きを読む
  • 川をくだる小人たち
    はーい、ここでようやく「スピラー」登場。この魅力的なキャラクター、どうしても映画に出したかったのね。3巻になってようやく登場するのに、ジブリの「借り暮らしのアリエッティ」では準主役級の大活躍。でも、それだけ存在感のある人物なんだよね、本当に。
    そしてここでお話を聞いていただけの人間の女の子が、実際に...続きを読む
  • 野に出た小人たち
    はじめての野原で、小人の少女アリエッティは野イチゴつみを楽しみ、野育ちの小人スピラーと友だちになります。けれども、戸外の生活は危険がいっぱいです。

    野に出た小人たち新版

    野に出てさまざまな冒険をしてようやく

    人間のすむ家に戻れたアリエッティーの家族でしたが・・

    そこも出て行かざるおえなくなっ...続きを読む
  • 風にのってきたメアリー・ポピンズ
    小さい頃、パパがあたしにこの本を買い与えたので、
    あたしはうっかり本好きになってしまった。

    メアリーポピンズの愛想のないところが好き。