野に出た小人たち

野に出た小人たち

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

床下にひっそりとくらしていた小人の一家は,人間に見つかり,未知の野原へ脱出します.生まれてはじめて野原にきた小人の少女アリエッティは,まぶしい日の光や野イチゴつみを楽しみ,野育ちの小人スピラーと友だちになります.けれども,戸外の生活は危険がいっぱいです.ファンタジーの傑作「小人シリーズ」第2作.

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(海外)
出版社
岩波書店
ページ数
310ページ
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

野に出た小人たち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年11月16日

    主人公の少女の一番好きなところは、外の世界への好奇心と強いあこがれをもってるところ。外国へ行ってみたい!と強く思っていた10代の頃を思いだした。床下でうまれ育った少女が初めて外の世界へ飛び出し、冒険をする。それだけでわくわくするではないか!そして、新たな男の子出現!このお話の聞き手は人間の女の子、そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月04日

    はじめての野原で、小人の少女アリエッティは野イチゴつみを楽しみ、野育ちの小人スピラーと友だちになります。けれども、戸外の生活は危険がいっぱいです。

    野に出た小人たち新版

    野に出てさまざまな冒険をしてようやく

    人間のすむ家に戻れたアリエッティーの家族でしたが・・

    そこも出て行かざるおえなくなっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月18日

    「床下の小人たち」続編。
    お肉を食べるシーンが印象的でした。
    アリエッティの格言やら、解説の親指トムの話やら面白かった!
    続きも読みます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月14日

    小人シリーズ第2作。家を出た小人たちが、靴で雨風を凌ぎつつも、自分たち"借り暮らし"の仲間を探すお話。普段ならなんでもない世界が、親指姫にでもなったかのように、広く大きく見詰めているようで面白い。
    そして、最後に再会した時に、あんなに文句を言っていたのに、、、と仲良く抱き合ってい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月02日

    「床下の小人たち」続編。床下から野に逃れたアリエッティたち。編みあげの靴の中でサバイバル。新しい生活に戸惑う一方、長年憧れた「自由」に喜ぶアリエッティ。新しい仲間スピラーや前作に少し登場した白イタチを持つ少年トムが登場。登場人物の人間性や物語の骨組みが小学生向けとは思えないほど複雑でしっかりしていま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月25日

    ジブリの映画になった「借りぐらしのアリエッティ」原作の続編。電子書籍版を購入。
    住み慣れた床下を出て野を歩くアリエッティ一家の様子や、彼らとさすらいの(?)借り暮らし・スピラーの交流が描かれている。安全な床下とは違い通りかかる人間や動物たちに怯えたり、寒さに震えたり、飢えに悩まされたりといろいろ苦労...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月11日

    第1作の「床下の小人たち」の最後で永年住みなれた大きな家を追い立てられた「借り暮らしの人たち」が野原へ脱出し、危険と隣り合わせの自由な世界の中でアレヤコレヤと珍騒動が持ち上がるのが「野に出た小人たち」なんですけど、この第2作では「借り物」をする相手(≒ 人間)がほとんど出てこないためにちょっと1作目...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「床下の小人たち」の続編。床下にひっそりと住んでいた小人の一家が野原へ出るおはなし(母親がヒステリックなのにみんなが穏やかなのが偉いと思ってしまう)。前回同様おもしろいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月17日

    床下の家から追い出されたアリエッテイたちのその後がとても気になり読みました。

    私たち人間でさえ野宿したりするサバイバル生活は危険だし大変なのだからアリエッティたちはすごく小さいのだからもう想像を絶する困難でしょう。
    でも、アリエッティと父のポッドは逞しい、母のホイミーは体より口を動かしてばかりだけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月14日

    アリエッティ達が野に出た後の話。なぜそれを知ってる人間がいるかがわかりますが、気になるのはこの後というところで終わり。まあ二巻目だし。次も読んでみようかな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

作者のこれもおすすめ

帰ってきたメアリー・ポピンズ

帰ってきたメアリー・ポピンズ

  • ブラウザ試し読み

風にのってきたメアリー・ポピンズ

風にのってきたメアリー・ポピンズ

  • ブラウザ試し読み

川をくだる小人たち

川をくだる小人たち

  • ブラウザ試し読み

公園のメアリー・ポピンズ

公園のメアリー・ポピンズ

  • ブラウザ試し読み

小人たちの新しい家

小人たちの新しい家

  • ブラウザ試し読み

空をとぶ小人たち

空をとぶ小人たち

  • ブラウザ試し読み

とびらをあけるメアリー・ポピンズ

とびらをあけるメアリー・ポピンズ

  • ブラウザ試し読み

床下の小人たち

床下の小人たち

  • ブラウザ試し読み