「メアリーノートン」おすすめ作品一覧

「メアリーノートン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/03/18更新

川をくだる小人たち
  • ブラウザ試し読み

小人たちの新しい家
  • ブラウザ試し読み

空をとぶ小人たち
  • ブラウザ試し読み

野に出た小人たち
  • ブラウザ試し読み

床下の小人たち
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 床下の小人たち
    借りぐらしのアリエッティを見る前に読んだので、本の世界での話も先入観なく読むことが出来た。続きも読みたい。醜い人間もいるものです。
  • 床下の小人たち
    ジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」の原作です。

    映画を見てから読んだので、
    筋の違い、役回りの違いは、
    ああ、映画はなるほどジブリらしいと思いました。

    原作に忠実であることよりも、ジブリらしさを出すことに忠実。
    ちょうど、アメリカにおけるディズニーに似ていると思いました。

    小説の方は落ち着...続きを読む
  • 床下の小人たち
    借りぐらしのアリエッティ原作。メイおばさんがケイトにしてくれた借りぐらしの小人のお話。本当のお話かどうかわからない書き方(終わり方)がとても好き。アリエッティの家の細々した家財などの描写が丁寧で表紙の絵と見比べながら楽しみました。また人物描写が大人の方が楽しめるくらいリアルに描かれています。ホミリー...続きを読む
  • 小人たちの新しい家
    読書日:2011年12月4日-6日
    原題:The Borrowers Avenged
    一番の感動は、再びミス・メンチスを見つけれた事です!
    アリエッティが両親と交わした約束を振り切って、会って欲しかったです。
    そして一言交わして欲しかったです。
    例え交わせなくとも小さい紙に有難うや安心して下さいの一...続きを読む
  • 空をとぶ小人たち
    読書日:2011年12月2日-4日
    原題:The Borrowers Aloft
    前巻でちょくちょく皆の口から出てきた「リトル・フォーダム」はどんな所か創造を膨らませていたのですが実際は人間が造った模型の村でした。

    ポッドの慎重さに其処まで神経質に思わなくても良いのでは、
    人間にも色々な考え方をし...続きを読む