鍋田吉郎のレビュー一覧

  • 孤高の人 4

    絵も話も

    絵が綺麗だったので試し読みからはじめたら、おもいっきりはまりました。登山にも興味がわきました。映画や小説も見たい。
  • 学習まんが 日本の歴史 4 平安京と貴族の世
    4巻は平安時代その1です。
    平安時代の前半は貴族が主役、後半は武士が力をつけてくる時代とすればこの巻は貴族の時代です。

    1章は平安京遷都に至るまでのごたごたと、遷都後も桓武天皇を悩ませた蝦夷討伐の話。アテルイと坂上田村麻呂の友情話は涙なしでは語れませんが、学習マンガゆえここは淡々と。

    2章は平安...続きを読む
  • 学習まんが 日本の歴史 2 律令国家をめざして
    2巻は飛鳥時代を描いています。

    1章は律令国家の成立にとって、とっても大事な仏教の伝来について。仏教という、いわば大陸の新しい?思想を受け入れるにあたっての物部氏と蘇我氏の争いも描かれています。

    2章は日本が大陸の大国・隋との外交のために、国として成長していくさまを描いています。要は推古天皇の御...続きを読む
  • 孤高の人 1

    面白い

    ストイックな文太郎の生き方がいい。
  • 学習まんが 日本の歴史 12 開国と幕府の滅亡
    幕末の巻であることは表紙を見ただけでもわかりそう。

    ですが、幕末の巻でよくありがちな「黒船来航」から始まるのではありません。
    幕末を知るにはそれのもう少し前から学ぶほうがより、時代がわかるのではないかと思いますが、この巻を読んで確信しました。

    1章:押し寄せる外国船・・・日本各地に貿易を求める外...続きを読む
  • 学習まんが 日本の歴史 1 日本のあけぼの
    旧石器・縄文・弥生・古墳時代のムラのようすとかが、まんがや絵でとてもよくわかります。歴史のお話がすきな人におすすめです。
  • 孤高の人 7
    本当に悲しい時にしか出ない涙を森くんは流している…森くんが感じている人がまとわりつく感覚は解る…一人の方が楽に思える。彼はどういう人間になって行くんだろうか。
    『孤高の人』が頭から離れない…原作になった小説の方読もうかなぁ。漫画とは違うと解ってはいるけれど、坂本眞一さんが漫画として描きたいと思った訳...続きを読む
  • 孤高の人 17
    はじめはなんか絵が苦手かもと読み進めるうちに主人公の登ることへの執着。
    登ることをエンターテイメントな描写。一気に読んですっきりしたのは久しぶりのマンガでした。

    なんとなくボルダリングやってみたいなぁと思いました。
  • 稲盛和夫 「仕事は楽しく」
    チェック項目10箇所。「霞ヶ関は変わらなくてはならない。3分の1はそう思っている。でも、3分の1は既得権益を守ろうとする守旧派で、残りの3分の1はどっちにつこうか様子見をしている付和雷同型。ラインの上のほうは守旧派なので、霞ヶ関は絶対に変わらない。無力感しか感じません」。仕事とはどのように向き合えば...続きを読む
  • 孤高の人 17
    疲れるし、寒いし、危険だし。
    お家大好きな自分には山の魅力はわからないし、わかることは一生ないと思います。
    でも、山に行かずにはいられない、その衝動と渇望の理由は理解出来なくもない…かな?
    下界の煩わしさから逃れ、絶対的孤独を愛す。
    圧巻の画力で描かれる壮麗で凶暴な山々。
    極限状態の描写は多彩で凄...続きを読む
  • 孤高の人 3
    改めて主人公は山にとり憑かれているなぁと感じた巻。軽装で登山して吹雪にあった主人公。どうなってしまうのかハラハラしながらページを繰った。特に遭難中休んでいるシーンは一番怖かった・・・!

    あとは大西先生と黒沢さんの山での因縁話。
    山の非情なこと・・・胸が熱くなった。
  • 孤高の人 1
    全17巻を再読。圧倒的画力で描かれる、山と、山に挑む男たち。主人公の苛烈な生き方に惹かれる。ラストについては賛否両論あろうが、私はこれで良かったと思う
  • 孤高の人 17
    原作とは一味異なる結末。鎮魂や補完、再興、昇華、諸々詰め込んだ形だが、読み手の精神状況に応じた余韻を残してくれる本。マンガは日本の文化です。
  • 孤高の人 17
    この漫画には衝撃を受けました。
    文太郎の生涯を書いた作品。
    とてもリアルに描けていて内容、絵、どれも満足して読めた。
    読み終わって「生きる」ってこういう事なのかもな。
    とかちょっと悟ったりした。
    多分この作品は僕の心の中でずっと残っていくし、
    またこれからも何回も読み直すかもしれない。
    それほど良い...続きを読む
  • 孤高の人 17
    原作を読み終わってみて
    ふとマンガ版の最終巻だけ
    持っていなかったことに気付き
    即購入しました。

    始めてコミックを読んだのは2年前。

    当時はまだ連載の真っ只中だったので、
    途中からコミックの発売を待ちきれずに
    連載の方で読んでいたのです。

    おかげさまで最終巻は
    連載で満足しちゃって
    買いそびれ...続きを読む
  • 孤高の人 1
    山岳モノ。
    新田次郎原作、ではなく、原案にして書かれたコミックだ。
    山岳小説を読んだことがあり、気に入っていた。
    長編だが、少なくとも1巻で掴みはOK。
    専門用語の説明があるのも親切仕様だし、絵が綺麗だ。
    2巻が楽しみ。
  • 孤高の人 15
    私は漫画から読んだクチです。今は原作小説を読んでいます。原作と比べてどうだという意見もあるようですが私は漫画版も高評価です。連載は全く知らずコミックス一気読みしました。伏線をしっかり拾うところ、読後のひっかかりが無くてよかったです(あ、瑞樹は・・)。K2アタック隊の遭難や宮本の堕落など漫画の予定調和...続きを読む
  • 現在官僚系もふ(1)
    勉強になり、楽しく読める官僚機構マンガ。
    事実だとしたら、やはり官僚は恐ろしい仕事だし、誠意を持って欲しい。
  • 孤高の人 17
    とうとう完結。加藤文太郎はK2を制覇した!が代償が・・・。最後のK2での死闘が俺の誕生日なんて。山をやっている人が読むと思うところが多々あるのではないだろうか。明日からGrivelのヘルメットを被ろう!
  • 孤高の人 17
    新田次郎のエッセンスが反映された厭世的な作品かと思って今まで読んでいたけど、ラストに至るまでの過程と最終話によって原作にはないカタルシスを感じた。脇役の描き方が適当過ぎたきらいもあったけれども、総じて良作だった。