三国志 第一巻

三国志 第一巻

作者名 :
通常価格 669円 (税込)
紙の本 [参考] 691円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

最大15%OFF★集英社マンガ誌がオトク!!

作品内容

宮城谷文学の集大成。現代日本の『三国志』決定版! 後漢王朝の衰亡――。建武元年(西暦25年)に始まる後漢王朝では、幼帝が続き、宮中は皇太后の外戚と宦官の勢力争いに明け暮れていた。正義の声は圧殺され、異民族の侵入が頻発し、地震や天候不順が続く。6代目の帝に皇子が生まれた時、守り役に1人の幼い宦官がついた。その名は曹騰(そうとう)。後に8代目順帝の右腕となった彼こそ、曹操の祖父である。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2014年05月30日
紙の本の発売
2008年10月
コンテンツ形式
EPUB

「三国志 第一巻」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年12月17日

 「今から三国志の話するけど、その前の後漢のことについても知ってないといけないよね!?」、ってことで曹操も劉備も孫堅も出てこないようなところから始まる。異色と言えば異色の三国志。
 後半の巻になると、キーになる人物にスポットを当てて、流れ自体は淡々と進めていく印象があるけど、このあたりはまだ物語を読...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年12月08日

「底なし三国志沼」の入り口へようこそ。

いつまでたっても曹操も劉備もでてきません。

しかし、それでいいのです。

外戚・宦官。光武帝の子孫は翻弄されつつ皇帝の座は形骸化して行き、積み重なった側近の私欲の結果、天下にようやく乱がおとずれます。
吉川三国志では空気同然の人(コーホスウ?何の人だっけ?...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年09月19日

感想というより覚書

・1巻が終了してまだ後漢が滅びてない。
 まだ曹操のおじいちゃんが30歳くらい。

・登場人物多過ぎ!!
 ノートにまとめながら読んでますが、後漢帝室だけでも1ページ埋まりました。



・曹操のひいおじいさんは曹萌。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月27日

やっと3巻まで読みましたv
文庫版は6巻まで・・・道のりが長いです。

楽しみがまだまだあって良いね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月15日

第1章から「え、そこからなのぉ?」って感じ。本当に好きじゃないと読むのも苦痛かも。好きな人はするするいける

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,619

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!