嘘喰い 8
  • 完結

嘘喰い 8

作者名 :
通常価格 527円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

倶楽部賭郎を力で乗っ取るべく動き出した謎の犯罪組織“アイデアル”! 賭郎外務卿・泉江をも欺く黒耳の悪魔が高らかに笑う中、その場へ現れたのは!? 一方、億単位の金を稼げるギャンブルの情報を手にした“嘘喰い”獏は、新たな勝負の舞台へ!!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
週刊ヤングジャンプ
ページ数
218ページ
電子版発売日
2012年04月20日
コンテンツ形式
EPUB

「嘘喰い 8」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2008年08月20日

この作品の凄まじさは、とてつもなく緻密なプロットを週刊連載中に構築しながら、
同時に絵が異様な進化をし続けていること。カケアミフェチ必見。
稲光伸二だったかな? 「連載をしていると『週刊の絵』に勝手になっていく」って言ってたの。
これは逆! 月刊でもこんな絵描ける人そうそういないよ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年03月15日

ドキドキハラハラ怖面白いですー!
1巻だけ以前読んだことがあったけど、怖さのほうが先に立ったのと絵があまり好みではなかったことから読んでませんでした。
1〜8を一気に借りました。
一気に読みましt

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月27日

新たな舞台迷宮編へ。
日付をかける、というのはどんな深い意味があるのか・・この巻だけで分かったらすごいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年06月21日

「黒耳の悪魔」の暗躍に迷宮編序章と、伏線を張るだけ張って以下次巻の「溜め」の巻なのがもどかしい。
それでも謎に包まれた0円ギャンブルの形がゆっくり明らかになっていく構成(どうせまだ色々隠し球が残ってるのは当然として、ともかく表面上のシステムが見えてきたという意味で)と、外堀から埋めるように慎重に慎重...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

書店員のおすすめ

ババ抜き、ポーカー、ハンカチ落とし。
誰もが知る遊びが、少しルールを変えただけで生死をかけたギャンブルに…!?

『嘘喰い』は10年以上連載が続く大人気作品です。「嘘喰い」と呼ばれる謎のギャンブラー、斑目貘(まだらめばく)を中心に、大金と生死を賭けた様々なギャンブルが繰り広げられます。
ギャンブルの内容は、ババ抜きやポーカーといった誰もが知っているようなゲームですが、一般的なルールとは少し異なります。ちょっと条件が違うだけで、ここまで恐ろしく、頭を使わないと勝てないゲームになるとは思いもしませんでした…。
また、『嘘喰い』はただのギャンブル漫画でなく、バトル漫画としての一面もあります。ギャンブルと併行して、人と人とが拳で戦うことがありますが、ここではギャンブルシーンとはまた違った熱さを楽しむことが出来ます。
最後に誰が勝ち、誰が生き残るのか…。結末が楽しみです!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,619

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!