【BookLive!独占インタビュー】『嘘喰い』完結記念特集

このエントリーをはてなブックマークに追加

"屋形越え"決着!2/19配信の第49巻にて、『嘘喰い』完結!これを記念して、読者からの質問をもとにBookLive!が迫先生に独占インタビューを敢行!さらに今なら合計9冊が無料試し読み!【2/19(月)~3/4(日)】
★インタビュー質問や作品へのご感想を寄せてくださった皆様、ご協力ありがとうございました★
※セーフサーチを中またはOFFにすると、すべての作品が表示されます。

【完結】第49巻 2/19配信開始!

      • 嘘喰い 49

        嘘喰い 49

        続巻入荷

        ついに貘の仕掛けた一世一代の策“閏秒”が切間創一に炸裂!! たった1秒の為、途方も無いスケールで仕込まれた一撃は、果たして嘘喰い史上最強の敵を屠るに至るのか!? そして“屋形越え”の決着と共に物語はいよいよ終局へ――…。賭博(ギャンブル)に魅せられ、全てを捧げた男の武勇録、『嘘喰い』堂々完結――!!

        ●『嘘喰い』完結に寄せられた読者コメントの一部をご紹介!
        ・完結おめでとうございます!!最後までたゆまずここまでスリリングな漫画はそうそうないと思います。本当に楽しませてもらいました。(うみの さん)
        ・ギャンブルは種明かしがされてから初めてそれまでの伏線に気づくことばかりで、最初から最後まで見事に騙されっぱなしでした。読んでてサイコーに気持ちいい漫画でした!(ななこ さん)

        続きを読む▽

BookLive独占インタビュー!迫先生が読者の質問に答えてくれました!

――迫先生、完結お疲れ様でした!12年の連載を終えた感想をお聞かせください。

迫先生:初めての連載で毎週試行錯誤していたことを思い出します。私にとってこれが初めての連載終了でもありますので、今は期待と不安でいっぱいです。

――迫先生がお好きな漫画や、作品を描く上で参考にしている作品があれば教えてください。

迫先生:『ジョジョの奇妙な冒険』をはじめ、幅広く色々な作品を参考にしています。

――『嘘喰い』には個性的なキャラクターがたくさん登場しますが、迫先生がご自身に似てるな、と思われるキャラクターはいますか?

迫先生:内面的には私に似ていると思うキャラはいませんが、プロトポロス編での"チャンプ"の外見のモデルは私です。

――迫先生ご自身が、1番思い入れのある勝負はどれですか?

迫先生:ハングマンです。

――数あるゲームの中でも特にインパクトのある名勝負「エア・ポーカー」について、その構想はいつ頃からあったのでしょうか?

迫先生:ポーカーのトリックは8年位前に。そこに水中空気を取り入れました。

――「実際には使わなかったけど考えていた」エピソードやゲームなどはありますか?

迫先生:少しだけあります。いずれ描きたいですね。

――魅力的なキャラクターを描くために、先生が心掛けている事は何ですか?また、主人公・貘さんにはモデルとなった人物などはいるのでしょうか?

迫先生:"変な人"と思われそうで現実に結構いるような人を描いています。貘のキャラのモデルはいません。

――『嘘喰い』のキャラクターはみんなスーツやドレスシューズを着こなしていますが、スーツを描く際のこだわり等はありますか?

迫先生:肉体のたくましさを出せるよう、ピッタリしたサイズにしています。

――貘さん、梶ちゃん、マルコの年齢を教えてください。

迫先生:貘→不明 梶→不明 マルコ→不明 すみません(汗)

――貘さんが序盤で梶ちゃんを切り捨てなかったのがなぜだったのか気になります。貘さんにとって梶ちゃんとマルコはどのような存在だったのでしょうか?

迫先生:第1巻の序盤でパチスロを教えてくれたこと、そして梶の人柄を好きになったからです。マルコも同じく「合う」んですかね。

――銅寺立会人が大好きです。彼は、血を見たときにテンションが上がってますが、血を見るのが好きなんでしょうか?彼はいつからそんな性質を持つようになったのでしょう。

迫先生:子どもがちょっとした血を見てハッスルする感じです。つまり彼は子どもっぽいんですね。

――夜行さんや栄羽さんなど、副業をされている方もいますが、立会人のお給料事情が気になります。実力主義の世界のように見えますが、実は年功序列なのでしょうか? お給料はどれくらいもらえているのでしょうか?

迫先生:おそらく"立会人"としての給料は無いと考えます。立会人はそれぞれ独立した人たちで、自由であり、その自由はすごく不自由でもあるでしょう。例えばイカサマに加担したことがバレたら粛清ですから(でも加担するもしないも自由です)

――貘さんは心臓を取り換える前からそんなに運動が得意ではなさそうですが実際のところはどうですか?

迫先生:取り換える前はバリバリに動けたんです。

――本誌での連載が終わり、『嘘喰い』ロスの日々を送っています。今後、続編やスピンオフの予定はありますか?

迫先生:もちろんやりたいし、やるつもりです。

迫先生が参考にされた作品『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ

合計9冊 無料試し読み版

【作品あらすじ】「嘘喰い」と呼ばれる謎のギャンブラー斑目貘。ひと癖もふた癖もある仲間達と共に並外れた頭脳と冷徹さで瞬く間に大金を手に入れていくが、その目的は何なのか!?そして謎の組織「賭郎」とは……!?智略と暴力が、嘘と真実が入り混じる賭博の世界――。最強のギャンブラー・斑目貘が、相手の嘘を喰い尽くす!

書店員が大好きな『嘘喰い』シーン

『嘘喰い』好きの書店員が、作品の中から特に好きなシーンを選びました!

      • 嘘喰い 5

        嘘喰い 5

        完結

        勝者には生を敗者には死を! 全工程11段階、奈落の底へと誘う首吊り遊戯・ハングマン! “嘘...

        ●迫先生が最も思い入れのあるゲーム「ハングマン」
        負ければ首吊り(ハングマン)の「ババ抜き」勝負にて、自身の勝利を確信した貘さんが勝負相手を挑発するシーン。負ければ自分の命がない状況でありながらこの余裕。さすが"嘘喰い"です!

      • 嘘喰い 16

        嘘喰い 16

        完結

        溜まりに溜まった煉獄の業火はカールに落ちた! 雄牛の中へと入る武器商人は何を思うのか…!?...

        ●ギャンブルど素人だった梶ちゃんが大活躍!「ファラリスの雄牛」編
        貘さんとのパチスロでの偶然の出会いから、たびたび貘さんの"賭郎勝負"に巻き込まれていた梶ちゃん。ギャンブルなどど素人だった彼が自ら命懸けの勝負を挑んだゲームでのワンシーンです。普段は頼りない印象の彼ですが、この勝負を経てギャンブラーとして大きく成長しました。

      • 嘘喰い 25

        嘘喰い 25

        完結

        帝国タワーでの勝負を制し、勝利を手にした“嘘喰い”貘!! 緊迫の戦いに決着がついたのも束の...

        ●"零"を賭けた命懸けの闘い!切間撻器VS夜行妃古壱
        賭郎の零號立会人であり、元"お屋形様"でもある切間撻器と、「無敵の死神」の二つ名を持つ夜行妃古壱の肉体勝負。『嘘喰い』では知能戦(ギャンブル)だけでなく、たびたびこうした暴力の勝負も見られますが、この二人の勝負は特に熱く迫力がありました。貘さんの「屋形越え」に立ち会うため、かつての主に命懸けの勝負を挑む夜行さんの心意気が胸にきます。一世一代の「屋形越え」に立ち会うためなら己の命を差し出してもかまわない…立会人としての矜持と生き様が感じられます。

      • 嘘喰い 31

        嘘喰い 31

        完結

        屋形越え挑戦の権利を掛け“嘘喰い”貘は、アイデアルの首領・ラロとの卍内決戦に臨む! 決戦の...

        ●『嘘喰い』といえばこのセリフ!「あんた嘘つきだね」
        "嘘喰い"とは、どんなイカサマも見破った上で勝利をおさめることからついた貘さんのあだ名です。そんな彼の決め台詞がこの「嘘つきだね」。作品内でたびたび使われますが、個人的に特にこの「プロトポロス編」序盤でのコマがカッコよくて大好きなのでピックアップしました。舌を出すのは反則です。

      • 嘘喰い 40

        嘘喰い 40

        完結

        屋形越えの権利を賭けた卍勝負。その最終決戦“エア・ポーカー”が今、始まる!! 静まり返る監...

        ●作品内でも超高難易度のゲーム「エアポーカー編」にて、勝負に火が付いた瞬間!
        空気をチップ代わりにし、水中で行われる「エアポーカー」。立会人に予め教えられたルールも中途半端なもので、何も分からない状況の中、一発目からギリギリまで命を張ったBETを行うシーンです。命を賭ける勝負で「生きていること」を実感する、ほとんどギャンブル中毒のような貘さんの性質がよくわかります。しかし、だからこそ彼が臨む勝負は人を惹きつけるのでしょう。梶ちゃんや立会人だけでなく、我々読者もまた、貘さんの勝負(生き様)を見続けずにはいられなくなります。

『嘘喰い』既刊