「土方奈美」おすすめ作品一覧

「土方奈美」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:土方奈美(ヒジカタナミ)
  • 出身地:日本

慶應義塾大学文学部卒。『たいていのことは20時間で習得できる』(ジョシュ・カウフマン)、『なぜリーダーは「失敗」を認められないのか』(リチャード・S・テドロー)、『グーグル秘録』(ケン・オーレッタ)などの翻訳を手がける。

作品一覧

2017/07/28更新

ユーザーレビュー

  • デジタル・ゴールド--ビットコイン、その知られざる物語
    2009年から2014年までにビットコインに関わった人物のストーリー。暗号通貨に興味がある人は必読だと思います。
    本書を読んで、ビットコインは「通貨」というよりもむしろ「デジタルの金」であるという思いがさらに強くなりました。
    ギャビン・アンドリーセン氏やロジャー・バー氏、チャーリー・リー氏など、現在...続きを読む
  • トランプ
    アメリカ人のみならず、立候補表明時には誰もが泡沫候補だと思った
    ことだろう。立候補した本人以外は。

    ドナルド・トランプである。アメリカ人の大富豪は、並み居る共和党候補者
    を次々と撤退に追い込み、民主党のヒラリー・クリントンとアメリカ大統領
    というVIP中のVIPの座を目指している。

    ...続きを読む
  • 超一流になるのは才能か努力か?
    だれでもマインドフルに継続することで超一流になる。
    座禅はなにも意識せずただ座るだけを是とするもあるけれど。
  • 2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する
    技術の観点から未来を予測した一冊。AIに関してはまだ割れている感じなのが興味深い。個人的には「世界は効率性と引き換えに因果関係を諦める」「テクノロジーは全て応急処置。ニーズを満たすと同時に新たなニーズを生み出す」がビッグデータ・テクノロジー過信への戒めとして印象に残った。
  • デジタル・ゴールド--ビットコイン、その知られざる物語
    [架空の実金]ある者はインターネット以来の最大の発明と賞賛し,またある者はいかがわしいシステムとして懐疑の眼差しを送る貨幣通貨。その中でも代表的なビットコインとその初期の参画者に焦点を当て,ドキュメント風に貨幣通貨の実体化までを綴った作品です。著者は,ニューヨーク・タイムズ紙の記者として活躍するナサ...続きを読む

特集