ビジョナリー・カンパニーZERO ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になる

ビジョナリー・カンパニーZERO ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になる

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

世界1000万部超ベストセラーシリーズ『ビジョナリー・カンパニー』の原点で最新刊!

本書『ビジョナリー・カンパニーZERO』は、『ビジョナリー・カンパニー』シリーズが発行される前の1992年にジム・コリンズが記し、日本語訳されずにいた名著『Beyond Entrepreneurship』の改訂版。まさに、ビジョナリー・カンパニーの原点だ。

◆リード・ヘイスティングスNETFLIX共同創業者兼CEOも大絶賛!
「本書は誰よりもどの本よりも、私のリーダシップを一変させてくれた。10年以上この本を読み返した。起業家なら、86ページ分を暗記せよ」

◆スタートアップや中小企業が「偉大な企業」になるために必要なことを解説

偉大で永続的な企業になるために必要ことを1冊に凝縮してまとめた。誰と一緒に仕事をするか、リーダーシップ・スタイル、戦略、戦術をどうつくるか、パーパスやミッションなどをどう決めて実行するか重要になる。「偉大な企業」とそうでない企業との違い、規模が小さいうちから考えておくべきことなど、時代を超えて重要な内容が理解できる。

◆ジム・コリンズとビル・ラジアーの教えの例

・偉大な企業という目的地があるわけではない。ひたすら成長と改善を積み重ねていく、長く困難で苦しい道のりだ。高みに上り詰めると、新たな課題、リスク、冒険、さらに高い基準を探す。
・企業が追跡すべきもっとも重要な指標は、売上高や利益、資本収益率やキャッシュフローではない。バスの重要な座席のうち、そこにふさわしい人材で埋まっている割合だ。適切な人材を確保できるかにすべてがかかっている。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
ページ数
520ページ
電子版発売日
2021年08月20日
紙の本の発売
2021年08月
サイズ(目安)
6MB

ビジョナリー・カンパニーZERO ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になる のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月09日

    ビジョナリーカンパニーは、第1作から読んでいます。本作は超有名な大企業もスタートアップのタイミングがあって、その時に苦労していることがわかる1冊です。
    可能性は秘めていたものの、スタートアップ期を乗り越えられなかった会社と飛躍できた会社との違いを知ることができます。多くの人に手に取って欲しい1冊です...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月03日

    価値観をもとに明確な強いビジョンを掲げる。
    そのビジョンに心から共感して付いてきてくれる仲間に敬意を払いながら、リーダーシップを発揮する。
    このビジョンが、ミッション、戦略、戦術へと落とし込めれば、偉大な企業へとなれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月23日

    企業が追跡すべきもっとも重要な指標は、売上高や利益、資本収益率やキャッシュフローではない。バスの重要な座席のうち、そこにふさわしい人材で埋まっている割合だ。
    重要な座席とは、1人材にかかわる重要な意思決定をする権限がある 2この職務での失敗は、会社全体に重大なリスクあるいは大惨事を引き起こす可能性が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月14日

    OPURになりたい。One Person Ultimately Responsibility 最終責任を負うもの

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月10日

    永続性のある「偉大な企業」を目指すスタートアップや中小企業のリーダーに向けて、ロードマップを示した書のアップデート版である。リーダーに必要な要素、偉大な企業を動かすもの等について、実例や著者の経験を交え詳説する。


    序章 なぜ今、本書を出版するのか
    第1章 ビルと私の物語
    第2章 最高の人材がいな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月25日

    面白かった!
    4しか読んだことがないから,どうかな,と思ったけど,自分のような小さな組織で突破を目指す者としては,コチラの"0”の方がいいかも.
    少し時間を空けてまた読んでみたい.
    ただ,Appleの考察がJobsが追い出される前の事だったり,ちょっと検討材料が古いことが気になる…
    でも,...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月05日

    「ビジョナリー・カンパニー」シリーズで知られる著者が、その原点ともいえる92年の著作を「ビジョナリー・カンパニー1〜4」で紹介された理論やその後の著者の研究内容を基にアップデートした一冊。

    原著「Beyond Entrepreneurship」は、偉大な会社(継続的に高い業績を上げ、業界への影響が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年10月13日

    全くもってその通りと言う内容でした。
    人材と言う字を使った表現に人在(罪)、人材、人財などが有りました。
    優秀な人は人財、可もなく不可もなしの人は人材、問題有り的な人は人在と良く聞いたものです。おまけに害を及ぼす人は人罪と言う話も聞き及んでました。
    このホンを読んで、そうした評価は誰がしたものなのか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ビジョナリー・カンパニーZERO ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になる に関連する特集・キャンペーン