「三崎亜記」おすすめ作品一覧

「三崎亜記」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/11/03更新

ユーザーレビュー

  • となり町戦争
    再読。戦争とは何かを平和な世界の視点からあらためて問い直す。戦争とは目に見えるものだけでなく、見えないものがもうすでにここにあるのだと、私たちの手はすでに血に濡れているのだと自覚することを促す。デビュー作から「居留地」という言葉が一瞬登場し、すでに三崎ワールドの地図にこの舞台も組み込まれていたことに...続きを読む
  • チェーン・ピープル
    1人のライターが6人の人物を訪ね、そこにまつわる人生と経歴と気付かない視点を掘り起こしていく、短編連作集。

    ありえない世界を、極めて冷静にリアルに描き切る中で、事実の奥に潜む本質のようなものに肉薄していく手法が凄まじい。


    「正義の味方」
    ある日突然出現した未確認巨大生物、いわゆる「敵」。
    その...続きを読む
  • チェーン・ピープル
    三崎亜記さんの著書は初めて読みました。
    正直、始めは面白いとは思えませんでした。何を言いたいのかが……。読み進めていくと表題作にもなっている「チェーン・ピープル」で違和感がでてきました。そこからは一気に読んでしまいました。
    この作品は「社会風刺」と言い切ってしまうのではなく、何か別の言葉があるのでは...続きを読む
  • 失われた町
    30年に一度、どこかの町が丸ごと人ごと消滅するという世の中。
    そして町に関することは忌み嫌われて差別されるという・・
    そんな町に関わる人たち同士の出会い、交錯する想い。
    いろんな人たちが最終的につながっていき、この人とこの人が・・!という仕掛けがとてもよかった。
  • 失われた町
    三崎さんワールド全開な話

    最近は歳のせいか涙腺が脆くて困る。
    そんな話

    人って素晴らしい

特集