三崎亜記の一覧

「三崎亜記」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/10/09更新

ユーザーレビュー

  • 失われた町
    30年に一度、突如としてどこかの“町”は失われる。
    その町の住民だけを飲み込んで。
    新たな町の消滅を防ぐため、人々は失われた町を悲しむことを禁止され、その町の名も世間から消される。

    作者独特の世界観が表現された一冊。町の消失を止めようとするもの、失われた人々への悲しみをこらえる残されたなど、町を中...続きを読む
  • チェーン・ピープル
    6つの短編。それぞれのテーマに寄り添いあるライターがインタビューするようなかたち。
    どの作品もどこかで聞いたような話から
    いつのまにか何処にもない、少しゾワっともするような展開へ。
    定まることなく動き続ける小説、、それも予想の出来なさ。
    大満足。
  • ニセモノの妻(新潮文庫)
    三崎ワールド全開(^ ^;

    基本、すべて荒唐無稽な話なので
    「SF」に分類はしてみましたが...(^ ^;
    これはもう「三崎亜紀というジャンル」としか(^ ^;

    よくもまぁ、こういう変なことを思い付くもんだ(^ ^;
    いや、思い付くだけならできるかも知れんが、
    それを掘り下げて突き詰めて異世界を...続きを読む
  • 30センチの冒険
    測量とか建築にこだわる三崎ワールド全開.これに過去と未来が循環して奇跡のような出会いが繰り返される.飛ぶ本や時空の狭間を超える像,そして何より鍵となるのが30センチのものさしというのにやられちゃいました.
  • ニセモノの妻(新潮文庫)
    表題作をはじめ、夫婦をテーマにした4つの短編を納める
    相変わらず、ぞわっとするように現実が揺らぐ三崎ワールドが全開。4編いずれもはずれはないですが、「あなたとは傾きが違う」という名言?が良かった「坂」と、バカップルさが切なさと喪失感を一層際立たせる「断層」が好みでした
    日常は奇跡的に維持されているも...続きを読む