鼓笛隊の襲来

鼓笛隊の襲来

作者名 :
通常価格 385円 (350円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

赤道上に発生した戦後最大規模の鼓笛隊が、勢力を拡大しながら列島に上陸する。直撃を恐れた住民は次々と避難を開始するが、「わたし」は義母とともに自宅で一夜を過ごすことにした。やがて響き始めたのは、心の奥底まで揺らす悪夢のような行進曲で…(『鼓笛隊の襲来』)。ふと紛れ込んだ不条理が、見慣れたはずの日常を鮮やかに塗り変えていく。著者の奇想が冴えわたる、驚異の傑作短編集。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
208ページ
電子版発売日
2011年09月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

鼓笛隊の襲来 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年07月31日

    三崎ワールドは長編も良いし短編も良いです。
    台風の日に読み始めたこの短編集も面白かったです。
    台風のように鼓笛隊が襲来する世界の表題作、本物の象のすべり台「象さんすべり台のある街」、浮遊都市にいる恋人と地上にいる主人公の「遠距離・恋愛」、消えてしまった下り列車に乗っていた人の喪失を受け入れる「同じ夜...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月21日

    世にも奇妙な物語系、とでも言ったらいいのでしょうか。どこか狂った、しかし至って普通に営まれる日常を描いた短編集。本書、と言うより多分三崎氏の面白い所は、その「狂い」を感覚ではなくシステマティックに組み上げてしまう点です。表題作や象さんの練り上げ方はまさにお見事で、どこからこんな設定が湧いてくるのか、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月06日

    【世界を創造してみたい】

    僕は好きだった。表題の鼓笛隊の襲来も他の作品も是非とも長編で読みたいくらい。あっさりしたオチに飲み込みにくい、どろどろした感情が残る。またよみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月29日

    やばい。やばばい。三崎亜記の短編では一番好きです。どれも三崎色に染まってる。圧倒的な力で構築された世界観。たまりません。そしてどこかに残る多幸感と寂しさ。脆弱なものだからこそなのかもしれません。鼓笛隊が好き。欠陥住宅も好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月26日

    三崎さんの作品は、突拍子もないことが淡々と、実に物静かに語られます。
    でも、その淡々とした雰囲気こそが、物語に登場する人々の気持ちや、そこで起こる少し不思議な出来事を逆にくっきりと印象づけることに成功していると思います。
    やっぱり好きですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月01日

    不思議な世界の短編集。
    三崎亜記の真骨頂のホラーでいろんな角度から紡いでいて、どれも味わいがある話がならんでいる。
    高橋克彦の「記憶」シリーズを彷彿とさせた。直木賞候補作にもなった傑作集。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月27日

    現代日本に似ている世界だけれども、
    不思議な現象、制度が紛れ込んでいる短編集。

    オチにひねりのない(というか投げっぱなし?)
    話も多いけれども、
    個人的には世界観の面白さでおなかいっぱい。

    話に出てくる不思議な現象や制度
    (鼓笛隊や覆面)が社会風刺的な
    何かの暗喩なのかなと思いつつも、
    意外と何...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月06日

    【本の内容】
    赤道上に発生した戦後最大規模の鼓笛隊が、勢力を拡大しながら列島に上陸する。

    直撃を恐れた住民は次々と避難を開始するが、「わたし」は義母とともに自宅で一夜を過ごすことにした。

    やがて響き始めたのは、心の奥底まで揺らす悪夢のような行進曲で…(『鼓笛隊の襲来』)。

    ふと紛れ込んだ不条理...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月05日

    小説のカテゴリの切り口を、現実世界と、非現実世界にしているが、この作者の小説はいつも迷う。
    読後時間がたつと、鼓笛隊が襲来したのかなという気持ちになる。
    私が読んだこの作者の本にしては珍しく、祝福された存在が小説の核となっている気がした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月29日

    現実的な世界の日常に、非現実的な設定が混ざりこむ不思議な短編集です。

    作者の書きたいことが明確にあり、それを分かりやすく読者に伝えようとする姿勢はこの作品でも健在でした。

    多くの話の中に過去や現在の「喪失」という要素が含まれるのが印象的で、作者の主要な主題となったのでしょうか。

    各話について細...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています