逆回りのお散歩

逆回りのお散歩

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
紙の本 [参考] 572円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

地方都市A市とC町の行政統合を目前に控え、聡美はネット掲示板で、陰謀説まで飛び交う激しい議論が起こっていることを知る。「統合反対派」による市役所への抗議電話や無許可のデモ行進。平穏に過ぎる日常の裏で、無関心に見えた人々が静かに動き出し、反対運動は他を巻き込み激しさを増していく……。日本の現在を想起させる表題作ほか、ベストセラー『となり町戦争』のスピンオフ短編も併録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年10月07日
紙の本の発売
2015年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

逆回りのお散歩 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年01月05日

    三崎氏の作品にしてはリアリティがあるというのが第一印象です。
    行政やマスコミによる情報操作が、ネット社会になり誰もが情報を発信できるという神話によって、更に高度化している可能性に対する怖さを感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月15日

    面白かったですが少しこわくて考えさせられました。
    大きな流れには個人の力なんて無力なのだろうと思います。何年もかけて根回しして、その流れを推し進めてきたことは特に。
    見えないなら、それは無かったこと…本当に、それでいいのかなと思いました。
    今の日本の縮図だ、というような解説だったのですがそう思います...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月10日

    久しぶりの三崎ワールド。取り立てて盛り上がりがあるわけではないのに、なんとなくジーン?ズーン?という感じで響いてくるものがある。
    一時に読んでなくて、話の繋がりが見えていないけど、色んなところに伏線とか断片とかが仕組まれてそうで、どこかで全部読み返してみたい気持ちがある。
    160406

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月02日

    世界観の作り方がやっぱりうまい。
    当たり前のように設定される非現実的な設定が楽しいです。
    物の見方が秀逸だなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月07日

    「となり町戦争」の前日譚も収録されているが、そちらよりは表題作の方が良かった。(ぼんやりとはしている)
     
    A町に住む女性が主人公、隣のC町との市町村合併が「乗っ取り」なのではないか?と言う噂を友人から聴き、ネット上での「合併反対派」の動きや、デモ活動(お散歩)について知っていくうちに、何が真実なの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月07日

    どっちかというと期待外れだった。三崎作品は長編かもしくは短編がいいのかも。長さが中途半端だったのか?
    割と好きな作家さんなので期待しすぎたのかもしれない。
    寓話とか風刺とかそういう三崎さんらしさはもちろんあるのですが、ほとんど現実に近すぎてちょっと月並みだったかなと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月15日

    あれ、えらくドロドロとしちゃったな、というのが正直な感想。

    建築物を偏愛する三崎さんですが、もう一つのこだわりが戦争なのでしょう。これは『となり町戦争』の系譜の作品です。

    三崎さんの作品は、どれも現実とは少しずれた不思議な共通の世界を舞台にしていますが、この作品にも州都とか自治区とか隣国とか、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年11月26日

    再読。自分の立っている場所が、確かなものではないのだとあるとき気づいてしまう不安感。既存の立ちはだかるシステムとどうやって戦ったらよいのかという焦燥感。傍観者でいることへの罪悪感。戦いに一歩踏み出すことは、勝利という結果を手にすることではないのだと突き放しながら、それでも立ちすくむことは許されないの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年02月02日

    実在する町じゃないし
    そんなことあるけないと思うけど
    妙にリアルな感じがして
    ちょっと怖い。
    いい歳だから政治もちゃんと
    理解しなきゃって思った。笑

    短編の隣町と戦争するお話は
    ほんとにリアリティがあって
    怖かった

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング