失われた町

失われた町

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ある日、突然にひとつの町から住人が消失した――三十年ごとに起きるといわれる、町の「消失」。不可解なこの現象は、悲しみを察知してさらにその範囲を広げていく。そのため、人々は悲しむことを禁じられ、失われた町の痕跡は国家によって抹消されていった……。残された者たちは何を想って「今」を生きるのか。消滅という理不尽な悲劇の中でも、決して失われることのない希望を描く傑作長編。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
544ページ
電子版発売日
2011年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

失われた町 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月17日

    30年に一度、突如としてどこかの“町”は失われる。
    その町の住民だけを飲み込んで。
    新たな町の消滅を防ぐため、人々は失われた町を悲しむことを禁止され、その町の名も世間から消される。

    作者独特の世界観が表現された一冊。町の消失を止めようとするもの、失われた人々への悲しみをこらえる残されたなど、町を中...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月16日

    面白かったです。
    三十年ごとに、町が「消滅」し、そこに住む人々は失われる。町に住む人々は、自分達が消滅することを知っていても抗えないし、町が消滅したあとに、消滅に関心をもったり、消滅した人達を悲しむことも「余滅」を引き起こすとして禁じられている世界。
    序盤の、消滅した町での回収作業は、小川洋子さんの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月02日

    ある日 突然に一つの町から住人が消失した・・・
    そんな裏表紙に心を奪われて手にした本。
    SF映画を観ているような ハラハラドキドキする場面も多く 登場する人物への繋がりが儚く一気に読み終えてしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月08日

    三崎さんワールド全開な話

    最近は歳のせいか涙腺が脆くて困る。
    そんな話

    人って素晴らしい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月19日

    序盤はまるでゲームの話みたいで、正直つまらないと思いながら読んでいたけど、あるとき突然すべての伏線がはっきりと意味を持ち始め、ジェットコースターのように話が面白くなり結果最後まで一気読み。
    本を読んでてこんな体験をしたのは初めてで記憶に残る一冊になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月11日

    好きか嫌いかでいうと、この作品ものすごく好き。
    5段階評価でいうと、星五つ。

    ただ、欠点も色々ある。

    まず第1に会話文が下手。
    会話だけを取り出して読むと、話し手の年齢も性別もまったく違った風に読めてしまうことが多々あった。
    20代の彼女。40代の彼女。50代の彼女。
    全く同じで、どれも私には4...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月28日

    ループするかのような構成で何度読んでも泣ける。
    始まりも終わりもない中での主人公たちの奮闘や強く生きるさまが伝わってきてとても良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月03日

    主人公達にとって
    作者にとって
    「町」とは何なのか。
    考え続けても分からないまま読み進めたけど
    何かすごく大切なものなんだろうかな。

    カタカナが多いシーンは苦手だったけど

    ファンタジー強すぎる作品なのに
    現実みたいに捉えられた。
    市川拓司さん並みに有り得ないファンタジーなのに。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月02日

    ファンタジーもので、かなり練られた作品。こんなに何度も戻っては読み、戻っては読み、を繰り返した本はないだろう。

    ハリーポッター以来かな。

    まだまだサイドストーリーもあるはずだし、それも書けば相当な長編になったであろう内容を、このサイズに収めることで作品の魅力をより引き立たせている。

    沢山の登場...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月25日

    前提がぶっ飛んでるわけで。思いっきりファンタジーの世界なら割とすっと受け入れられるのに、現代の世界観に似ているのに、なんかちょっと違う!みたいな時に感じる違和感はモヤモヤしてたまらん。
    でもそのモヤモヤが次第に癖になってくるというか。クラブでテクノをかける時にはじわーっと音程をずらしてくんだとかなん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています