嵐山光三郎の一覧

「嵐山光三郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2020/04/17更新

文士の料理店
  • ブラウザ試し読み

文人悪妻
  • ブラウザ試し読み

文人悪食
  • ブラウザ試し読み

文人暴食
  • ブラウザ試し読み

山口瞳「男性自身」傑作選
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • ゆうゆうヨシ子さん ローボ百歳の日々
    以前ラジオに出演された軽妙な語り口を聴き、一度は手にしたい作家さんだと念じててやっと適いました。著者の母親ヨシ子さんは(現在102歳)62歳から俳句作りを始められ、その句を交え、起こるさまざまな出来事が綴ってあるエッセイです。(老母をカタカナでもじってあるのが彼らしい)ローボの日常を、平易な言葉で肩...続きを読む
  • 文人悪食
    食には人柄性格が現れるとよくわかる本
    さすが文豪、極端に振れた食生活が多くて読んでいて楽しい
    それより何より!嵐山光三郎、思ってたイメージと全然違ってびっくり、なんかステキな文章だった!
  • 文人悪食
    とても好きな作品。
    有名なエピソードも多いが、純文学が好きな人なら読んで損はないのではないか。お腹が減ってくる本。
  • 悪党芭蕉
    はじめ小説だと思っていたのだが小説じゃなかった。芭蕉論あるいは蕉門論。でもあまり俳論には
    深入りしていないところがいいのかもしれない。
    衆道関係の記述が多く、そこらアタリが著者の面目躍如というところだろうか。
  • 文人暴食
    一椀に白魚の泣き声を聞く(小泉八雲)、牛鍋は不良のはじまり(坪内逍遥)、快男児、酒を飲めず(二葉亭四迷)、牛乳屋茶人(伊藤左千夫)、山奥の怪人はなにを食うか(南方熊楠)、筆は一本、箸は二本(斎藤緑雨)、一膳の赤飯(徳富蘆花)、牛肉か馬鈴薯か(国木田独歩)、獄中で刺身(幸徳秋水)、うどんと蒲団(田山花...続きを読む