「高山なおみ」おすすめ作品一覧

「高山なおみ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/01/06更新

ユーザーレビュー

  • ウズベキスタン日記―空想料理の故郷へ―
    旅の日記なのに、読むとふだんの自分に戻れるような本。
    忙しない日々が、充実してて楽しいかも、でもちょっと詰めこみすぎかな?と思ったら、この本を読んで、一休みしよう。
  • 日々ごはん(3)
    どんぐり舎。

    「ドリトル先生」は、どれを読んでもいつも良い空気が流れている。それはドリトル先生が全肯定の人だからか、井伏樽二の訳が良いからか。

    吉本隆明の「幸福論」。最近の隆明さんの本は、実感がこもって力が抜けていて、私にも分かりやすくとてもおもしろい。そして最近私が考えていたことと重なる考えも...続きを読む
  • 日々ごはん(2)
    がんがん読んどります。高山なおみさん日々ごはん。
    なぜ今まで存在を知らなかったのだろう。
    銀色夏生さんとばななさんのダイアリはずっと読んでいたのだけど、いまは高山なおみさんがばつぐんにヒットです。
    素敵な方。

    【気になったぶぶん】
    詩と曲とどっちが先にできるのか聞いてみたら、「曲が先。メロディーが...続きを読む
  • 日々ごはん(1)
    旅のはじめ。
    鈍行列車で6時間の長旅の最中に読みました。
    とてもよかった。
    高山なおみさんってかわいい。
    かわいいところもあれど、芯はしっかりしていて、ビシッと決めていて、お仕事は体育会系で、がすがすっと。カッコいい。あぁ。こういう女性は憧れです。
    しょっちゅう読書しているところが、自分とかぶりまし...続きを読む
  • 今日もいち日、ぶじ日記
    料理家 高山なおみによる日記。
    日々の暮らし、山の古民家を手に入れたこと、震災後の東北を訪れる旅の様子が記されています。
    高山なおみの文章を読むと、素足で地面にしっかと立っているような感じがします。かと言って力が入っている訳でなく自然体で。無理をしていないという感じでしょうか。好きなことを好きなよう...続きを読む

特集