明日もいち日、ぶじ日記

明日もいち日、ぶじ日記

作者名 :
通常価格 1,232円 (1,120円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

喧嘩する朝もある。天災が来る午後もある。あいまいな夢を見る夜もある。けれど、歌う明日が来るかもしれない。何が起きようと、一日いち日をきちんと積み重ねてさえいけば……。話題の料理家が、五感と五味をたっぷり効かせた文章で日々の儚さと輝きを掬い取る、滋養満点風味絶佳な日記文学。ファン垂涎、毎日の献立つき。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
新潮社
ページ数
222ページ
電子版発売日
2014年03月14日
紙の本の発売
2013年09月
サイズ(目安)
1MB

明日もいち日、ぶじ日記 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年07月25日

    高山さんの日記シリーズ。
    読んでいるとなんだかほっとする。
    食べることを大事にしている生活が暖かいからかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月22日

    窓の外の雨音をずっと聞いているような心地よさ。日々の暮らしと食べ物、何ということは書いてないのにやさしい気持ちが心に満ちていく。
    高山なおみさんがこんなすごい文章を書く人とは知らなかった。もっと読みたいな、もっとたくさん書いてほしいな、と思ったら、10年前くらいから本は出まくってた。そう言えばそうだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月02日

    料理家・高山なおみのエッセイ第2巻。震災を体験し、東北へ行き、ロシアへも行く。忙しいなかでもきらめく感性で森羅万象を感じる高山なおみの姿にじーんとなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月11日

    震災を挟んだ日々の日記。前作(今日もいち日、ぶじ日記)と同タイトルの上下巻だとばかり思い込んでいて、"今日"が"明日"に変わっていることにずっと気付かず。
    書籍化され、webでも続く「日々ごはん」を読んでいるから、なんだかもう長いことずっと著者を知っている気が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月30日

    かつての「日々ごはん」の刊行がなくなってしまい、
    ファンとしては淋しいところに、また日記形式で出版されて
    たのしみに本をめくった。高山さんは武田百合子さんを敬愛
    されているようで、その影響のつよさを文章に感じる。
    にしても、高山さんの人間味のあるところが大きな魅力なの
    だろうなと思う。そこに安心もす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年01月04日

    さらっとすぐ読めるエッセイ。
    その日の献立が簡単に書いてあって、手作りの中においなりさん、(スーパーの)とかあって安心する。

    向田邦子が好きだったり、うとうと昼寝をしたり、親近感覚えてわ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています