高山なおみのはなべろ読書記

高山なおみのはなべろ読書記

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

料理家・高山なおみが、鼻とベロで味わった本の話と、そこから生まれた料理の物語。全24話レシピつき! 本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』の好評連載を単行本化。原田奈々による写真も、フルカラーで収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
ダ・ヴィンチブックス
電子版発売日
2014年11月18日
紙の本の発売
2014年11月
サイズ(目安)
8MB

高山なおみのはなべろ読書記 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    毎日一話ずつ

    keukmi 2020年05月17日

    読書と料理のお話が一話ずつ詰まっているこの本は、いっぺんに読むのはもったいなくて、一気に読みたくなる気持ちをぐっと抑えて一日一話ずつ読む。高山さんの綴るエッセイをじっくり味わい、お話に出てくる料理に想いを馳せる。たまらなく作ってみたくなる時もあるし、その味を想像で楽しむ時もある。読書と味覚が繋がって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月30日

    読みたいなと思う本がたくさんあった。
    本に出てきた料理を食べたいなと思う事はよくあるけど、作ったりした事はないので今度高山さんのレシピで作ってみよう。
    それからもう一度この本を読むのもいいだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月12日

    この人の文章が好きだ、と読み始めてすぐに思った。ひらがなと漢字の配分がよい。文字がすんなりと入ってくる。読み終えてから著者のプロフィールを見て、本業が料理家だということを思い出した。そのくらい自然な文章だった。

    p44
    堀江敏幸さんの小説は大好きで、ぜんずではないけれど何冊か読んでいる。
    彼の本は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月30日

    ゆるっとした雰囲気でするっと読めた。
    大事に読み進めたい本です。
    料理も気負いなく作れそうなものばかり。文と空気感を大切にしている方なんだなぁと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月04日

    高山なおみさんが読んだ本の感想と、そこからイメージしたお料理のレシピがのっています。

    その高山さん、子どものころ、たべものを口いっぱいに頬張って、
    息を吸いながら食べるクセがあったそうです。
    そうすると、鼻と食べものが近くなるぶん、匂いを直に感じ取れるからだとか…。
    まさに”はなべろ”ですね~。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月15日

    高山なおみさんの、本とごはんの本とあっては、読まずにはいられません。

    写真も言葉もレシピもすてきで、しみわたるよう。
    読みたい本や好きな本。そっと生活に寄り添うような、それぞれの本とのつきあい。

    あー、おなかがすいた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月07日

    前に別のエッセイを読んで「趣味合うわー」と思ったので、わくわくしながら読んだ。自分もその本を読みたいと思わせてくれる表現がたくさんあったし、本からイメージした料理のレシピがついてるからおなかがすいて、読み終えたらすぐ台所に立ちたくなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月07日

    入院中のベッドで時間も気温もわからないままうつらうつら読んでいて、高山さんの読んでる本と、読んでる高山さんと、それを読んでるわたしとがないまぜになって、どこまでが自分かわからなくなった。
    なんて生々しいんだろう、なんて、全身で読書するんだろう。読書、て行為でいいのかな。
    読んだ本はもう一度読み返した...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月24日

    いい感じに混じりあった
    高山さんの日常と読書記録。
    本の内容と現実を
    行ったり来たりしながら
    高山さんの感じたままを
    ものすごく丁寧に、忠実に
    書こうとされているのを感じる。
    本ごとに
    高山さんが作るご飯あり。
    手軽でおいしそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月02日

    このタイトルの意味ってなんだろ、と思ったら「鼻さぐり、ベロさぐり」からとのこと。
    ニヤリとして、タイトルまで高山なおみさんらしい。
    作者の生活と本とお料理。
    散歩で見つけた喫茶店、下町のドンペリ、棒がいっぽん。
    以前暮らした街、オーリィ君、じゃがいもサラダのサンドイッチ。
    旅先のこと、幼い頃の思い出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています