松岡正剛の一覧

「松岡正剛」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/10/10更新

ユーザーレビュー

  • 芸と道 千夜千冊エディション
    いつものシリーズなのであるが、特に今回は自分にとって敷居が高いというかなかなか難しいものだった。理由は明快で今まで和の芸に親しむことが少なかったということ。最後の方の役者の部分がかろうじて理解できたのが精一杯だった。これをきっかけに和の芸に関心をひろげようと思う。
  • 別冊NHK100分de名著 「日本人」とは何者か?
    斎藤環の河合隼雄「中空構造日本の深層」を軸に繰り広げられる一種曖昧論の推奨が面白い。単に良しとはせずに入り込まれる隙ともなると言う指摘もうなずける。コミュニタリアズムと同調圧力の議論にも似て、空気の研究、言葉の自動機械化という宮台の言説ともほぼ近いのでは。
  • 感ビジネス 千夜千冊エディション
    経済・ビジネス関係の紹介である。最近の本が多いが古典もある。タイトルはよくわからないが、さほどの意味はないようである。また読みたい本が増えてしまって困った。
  • 宗教と生命 激動する世界と宗教
    シリーズ最終回。このシンポジウム本当に行きたかった。
    池上彰が佐藤優に「本当にキリスト教徒なんですか?」と聞くくだりが面白かった。

    ・割り切れないものをそのまま受け止めて共感する。これはAIには難しく、宗教の求められること。
    ・限りなく人間を代替していくAIの意味を考えるのは、結局人間。そこで人間...続きを読む
  • 面影日本 千夜千冊エディション
    今回は結構難しかった。というのも、古典とかあまり強くないので、そこらへんのニュアンスがどうもなじめないのだ。でも、興味はもてたので、また勉強しようと思う。

特集