永井路子の一覧

「永井路子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/01/04更新

ユーザーレビュー

  • 炎環
    何度読んでもいい。三谷幸喜の大河ドラマが決まって久しぶり読み返した。高校生の時にはわからなかった主人公らの気持ちが、年をとってわかるようになった。
  • 炎環
    阿野全成、梶原景時、北条保子、北条義時をメインとして鎌倉の勃興・動乱期を描く。あとがきにもあるように、それぞれが独立した短編ではなく、全てが「歴史」という大きな流れの中で繋がり1つの物語。

    鎌倉府を興した源氏と頂点を極めた北条氏という点で3篇はそれぞれで分かりやすく繋がっている一方で、景時を描いた...続きを読む
  • 朱なる十字架
    「信と不信」の狭間で揺れ動くガラシャの描写がとても好きです。「信と不信」はこの物語の核でもあり、光秀、忠興、キリスト教、そして最後に自己を信じるか否か、その心理描写が内省的でありながら軽やかな筆致でつづられています。
    「見つめることは傷つくこと」、「互いに愛し合っていた故に別の世界にいることを確かめ...続きを読む
  • 炎環
    伊東潤先生のおすすめ本の一冊。「北条政子」とあわせて読むと、鎌倉時代が身近に感じられます。鎌倉歴史散歩のおともにもなりそうです。
  • 炎環
    鎌倉という地で覇権を目指したそれぞれの野望を、それぞれの視点から読み解く展開に、これまで感じたことのない歴史の面白みを垣間見る。もちろん説話なので読み物としての面白みもエッセンスとして加わっている。著者の言葉を借りるなら「一台の馬車につけられた数頭の馬が、思い思いの方向に車を引っ張ろうとするように、...続きを読む