坂口安吾の一覧

「坂口安吾」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

無料
安吾人生案内 その一 判官巷を往く
無料
安吾人生案内 安吾愛妻物語
無料
安吾人生案内 宮様は一級紳士
無料
安吾人生案内 暗い哉 東洋よ
無料
安吾人生案内 衆生開眼
無料
安吾人生案内 人形の家

作品一覧

2019/12/19更新

無料あり
我が人生観
  • ブラウザ試し読み

無料あり
安吾人生案内
  • ブラウザ試し読み

無料あり
安吾巷談
  • ブラウザ試し読み

無料あり
桜の森の満開の下
  • ブラウザ試し読み

無料あり
アンゴウ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
意識と時間との関係
  • ブラウザ試し読み

無料あり
スポーツ・文学・政治
  • ブラウザ試し読み

無料あり
戦争論
  • ブラウザ試し読み

無料あり
二流の人
  • ブラウザ試し読み

無料あり
白痴
  • ブラウザ試し読み

無料あり
不良少年とキリスト
  • ブラウザ試し読み

無料あり
矢田津世子宛書簡
  • ブラウザ試し読み

無料あり
理想の女
  • ブラウザ試し読み

無料あり
青鬼の褌を洗う女
  • ブラウザ試し読み

無料あり
諦らめアネゴ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
諦めている子供たち
  • ブラウザ試し読み

無料あり
悪妻論
  • ブラウザ試し読み

無料あり
足のない男と首のない男
  • ブラウザ試し読み

無料あり
新らしき性格感情
  • ブラウザ試し読み

無料あり
新らしき性格感情(旧仮名)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
新らしき文学
  • ブラウザ試し読み

無料あり
新らしき文学(旧仮名)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
あとがき〔「いづこへ」〕
  • ブラウザ試し読み

無料あり
阿部定さんの印象
  • ブラウザ試し読み

無料あり
阿部定という女
  • ブラウザ試し読み

無料あり
甘口辛口
  • ブラウザ試し読み

無料あり
雨宮紅庵
  • ブラウザ試し読み

無料あり
哀れなトンマ先生
  • ブラウザ試し読み

無料あり
安吾下田外史
  • ブラウザ試し読み

無料あり
安吾の新日本地理
  • ブラウザ試し読み

無料あり
安吾武者修業
  • ブラウザ試し読み

無料あり
家康
  • ブラウザ試し読み

無料あり
育児
  • ブラウザ試し読み

無料あり
遺恨
  • ブラウザ試し読み

無料あり
囲碁修業
  • ブラウザ試し読み

無料あり
居酒屋の聖人
  • ブラウザ試し読み

無料あり
石の思ひ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
いづこへ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
一家言を排す
  • ブラウザ試し読み

無料あり
イノチガケ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
生命拾ひをした話
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「異邦人」に就いて
  • ブラウザ試し読み

無料あり
意慾的創作文章の形式と方法
  • ブラウザ試し読み

無料あり
淫者山へ乗りこむ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
インテリの感傷
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 白痴
    戦争。
    生と死が日常に戯れる環境下で、人間は克己心の拠り所をどう置くか?

    表題作『白痴』の、伊沢と言う男の歪んだ優越感を始め、数々の乱暴で頽廃的な思想には目を覆いたくなるが、決して背けてはならない。

    ただそこに生きた炎を。
    人それぞれが燃やす権利を。
  • 堕落論
    「人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ」

    政治、歴史、宗教、戦争、人格者…

    文学の極北から人間の真相を暴き、行動を分解する。

    安吾の立つ座標は限り無く寒い。それが俺の人生だ。精一杯生きる感動だ。

    薄っぺらな批評など、そ知らぬ孤高。
  • 桜の森の満開の下
    深い群青色の闇夜に淡くぼうっと浮かぶ桜の花。
    春夜の冷気が頬を撫でる。一瞬で散っていく花びらに、孤独さと空虚さと。風が生暖かく変わり季節が移ろいでいく様子に、かすかな期待と終わりが無いという絶望を感じる。
    眼前に広がる圧倒的な虚無。この空虚な世界を生きていかなければならないという救いようの無い恐怖。...続きを読む
  • 風と光と二十の私と・いずこへ 他16篇
    ‪語れば語るほど自分の言葉になるような。然し、表面だけの偽善的な言葉のようにも思える。‬
    ‪もっと、思考に対する時間的密度が必要なのか。‬
    ‪そして、時間を経てものになった言葉たちは果たして真実のものなのか。‬
    ‪前を向き後ろを向き、右、左、さてここは何処か。私は何処へ向かっているのか。‬
    考えれば...続きを読む
  • 堕落論
    戦時中と戦後の日本を鋭い目で見た坂口安吾に敬意を評す。ほんとうの人間性や政治、社会のあり方まであらゆることを『堕落せよ』と説く。堕落とは人間に還ることである。個人的には本書の中で美を愛でる坂口安吾、好きだ。