「坂口安吾」おすすめ作品一覧

【坂口安吾】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/10/25更新

不連続殺人事件
648円(税込)
白痴
550円(税込)
無料
落語・教祖列伝 神伝魚心流開祖
無料
心霊殺人事件
0円(税込)
無料
太宰治情死考
0円(税込)
無料
足のない男と首のない男
無料
桜の森の満開の下
無料
志賀直哉に文学の問題はない
無料
青春論
0円(税込)
無料
堕落論
0円(税込)
無料
二流の人
0円(税込)
無料
青鬼の褌を洗う女
無料
諦らめアネゴ
0円(税込)
無料
安吾人生案内 その一 判官巷を往く
無料
家康
0円(税込)
無料
姦淫に寄す
0円(税込)
無料
肝臓先生
0円(税込)
無料
黒田如水
0円(税込)
無料
講談先生
0円(税込)
無料
思想と文学
0円(税込)
無料
戦争論
0円(税込)
無料
たゞの文学
0円(税込)
無料
茶番に寄せて
0円(税込)
無料
貞操の幅と限界
0円(税込)
無料
二合五勺に関する愛国的考察
無料
破門
0円(税込)
無料
飛騨の顔
0円(税込)
無料
FARCE に就て
0円(税込)

ユーザーレビュー

  • 白痴

     坂口安吾という人は天才だ。文章が本当に美しい。誰もこのような形で戦争や生活を描けないと思う。美しいのだけれど感情が爆発している。なんというか、書きなぐっている感じがする。だけれどその文章の優れた部分に誰も太刀打ちすることができないように思う。精緻を重ねた文章では恐らくないのにも関わらず、だ。
     ま...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 桜の森の満開の下

    満開の桜を見ると、何故かいつも胸がざわつきます。
    音もなく静かに散り、静かに地面を埋めてゆく優しい淡いピンク色には「綺麗」なだけではない、正体不明の怖さがあります。
    不安定な気持ちになるのに惹かれてしまう。そんな魅力を桜に感じるのは、この本に書かれている出来事が、かつて本当にあったからではないだろう...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 桜の森の満開の下・白痴 他12篇

    様々な「女」をめぐる物語。

    「恋をしに行く」は、純粋ながら人間らしい、この話自体に恋をしてしまうようだった。
    「続戦争と一人の女」は、女の孤独と愛情に共感さえ覚えてしまうほど、胸が苦しく愛を感じた。
    「傲慢な眼」は、不器用さと甘酸っぱさがとても愛くるしい。
    「アンゴウ」は、どんでん返しの結末に、胸...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集