「坂口安吾」おすすめ作品一覧

「坂口安吾」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/09/21更新

無料あり
安吾の新日本地理
  • ブラウザ試し読み

無料あり
堕落論
  • ブラウザ試し読み

無料あり
桜の森の満開の下
  • ブラウザ試し読み

無料あり
戦争論
  • ブラウザ試し読み

無料あり
曽我の暴れん坊
  • ブラウザ試し読み

無料あり
続堕落論
  • ブラウザ試し読み

無料あり
天皇小論
  • ブラウザ試し読み

無料あり
日本文化私観
  • ブラウザ試し読み

無料あり
白痴
  • ブラウザ試し読み

無料あり
文学のふるさと
  • ブラウザ試し読み

無料あり
馬庭念流のこと
  • ブラウザ試し読み

無料あり
幽霊と文学
  • ブラウザ試し読み

無料あり
青鬼の褌を洗う女
  • ブラウザ試し読み

無料あり
諦らめアネゴ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
諦めている子供たち
  • ブラウザ試し読み

無料あり
悪妻論
  • ブラウザ試し読み

無料あり
足のない男と首のない男
  • ブラウザ試し読み

無料あり
新らしき性格感情
  • ブラウザ試し読み

無料あり
新らしき性格感情(旧仮名)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
新らしき文学
  • ブラウザ試し読み

無料あり
新らしき文学(旧仮名)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
あとがき〔「いづこへ」〕
  • ブラウザ試し読み

無料あり
阿部定さんの印象
  • ブラウザ試し読み

無料あり
阿部定という女
  • ブラウザ試し読み

無料あり
甘口辛口
  • ブラウザ試し読み

無料あり
雨宮紅庵
  • ブラウザ試し読み

無料あり
哀れなトンマ先生
  • ブラウザ試し読み

無料あり
アンゴウ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
安吾巷談
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 白痴
    哲学とか思想というとあいまいで
    ファッションとか姿勢というほうがよりちかい
    在り様ひとつのありかたとしてあこがれる向きの多い立ち方
    それを短い文章でかつある程度の時代を越えてあり続け差閉めていることについて
    文句なしの作品
  • 桜の森の満開の下・白痴 他12篇
    坂口安吾は初めてちゃんと読んだ。
    どの作品もそれぞれ心に小さな石のようなものや、温かいものや、鮮烈で繊細なものを残していった。
    今まで縁がなかったので読んでこなかったが、じわじわと好きになりそうだ。

    「桜の森」の最後は美しい。
  • 桜の森の満開の下
    [桜の森…]桜は本来は畏怖の対象だったというグッとくる書き出し。美しさの中にグロテスクが内包された幻想的な怪奇小説。亭主を殺された美女は、殺した山賊を尻に敷き山賊の女を殺させる。都へ移り山に戻り桜の森で鬼となり桜となる。なんとも身勝手な女と欲のままに生きた山賊。なのにどうして儚い物語になるのか。ただ...続きを読む
  • 白痴
    当たり前だけど戦争がこの時代の文豪に与えた影響では計り知れないなあと
    世界が終わるかもしれないという恐怖とある種の期待のようなもの、、これって三島が感じていたのと同じだとおもった。
  • 白痴
    引用 頁六一〜 

    「私はあなたを嫌っているのではない、人間の愛情の表現は決して肉体のものではなく、人間の最後の住みかはふるさとで、あなたはいわばそのふるさとの住民のようなものだから、などと伊沢も始めは妙にしかめつらしくそんなことも言いかけてはみたが、もとよりそれが通じるわけではないのだし、いったい...続きを読む

特集