御立英史の作品一覧

「御立英史」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2023/11/29更新

ユーザーレビュー

  • 父が息子に語る 壮大かつ圧倒的に面白い哲学の書
    ちょっと長すぎて途中でだれる。
    でも考える技術を磨くということは大事だと思う。そう思ってまた読み返そうと思える長さなら良かった。
  • 父が息子に語る 壮大かつ圧倒的に面白い哲学の書
    ページをめくる手が止まらないとはまさにこのこと。それぐらい読みやすく、さらに知識を深掘りするための参考文献などの紹介も充実している。
    哲学への最初の一歩を踏み出すのに最適な一冊。
    そして同時に、今まで読んだ中で最高の子育て指南書でもある。
  • GE帝国盛衰史―――「最強企業」だった組織はどこで間違えたのか
    久々にすごく面白かった。時を全て読んでしまいました。
    理由は事実をもとにしつつ、ある種の物語であるところ、人と人との関係性や思いなどが散りばめられていた。
    事実と見てもよし、架空の物語と見るもよし、だとは思う。
    ただ一つ難点を挙げるとするならば、時間軸が捉えづらかった。先の年に行ったり、戻ったりする...続きを読む
  • GE帝国盛衰史―――「最強企業」だった組織はどこで間違えたのか
    世界一とも言える大企業GEの内情が詳らかにされ、こんなことが起こっていたのかと感嘆も嘆息もさせられる。GEだからこそ変えられない社風や文化が悪い方向に進み誰にも止められなくなってしまった。
    最高の製品を持つ企業が勝つわけでもなく、最もシンプルなストーリーを、わかりやすく語った者が勝つと言う言葉に深く...続きを読む
  • GE帝国盛衰史―――「最強企業」だった組織はどこで間違えたのか
    日本法人の過去の一末端の従業員として、ここで書かれたGEの凋落を中で体験した。海の向こうのおひざ元で、こんな問題が起こっていようとは。詳細はこの本で知った。詳細を知るには、距離と、職務階層が低すぎた。とは言え、当時GEの問題はよくマスコミで取り上げられていた、ともあった。私もアンテナを高くしていたら...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!