「フランツ・カフカ」おすすめ作品一覧

「フランツ・カフカ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

無料
流刑地で
0円(税込)
無料
変身
0円(税込)
無料
判決
0円(税込)
無料
道理の前で
0円(税込)
無料
断食芸人
0円(税込)
無料
処刑の話
0円(税込)

作品一覧

2017/09/01更新

無料あり
変身
  • ブラウザ試し読み

無料あり
流刑地で
  • ブラウザ試し読み

アメリカ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
家のあるじとして気になること
  • ブラウザ試し読み

無料あり
家長の心配
  • ブラウザ試し読み

無料あり
火夫
  • ブラウザ試し読み

カフカ寓話集
  • ブラウザ試し読み

カフカ自撰小品集
  • ブラウザ試し読み

無料あり
皇帝の使者
  • ブラウザ試し読み

無料あり
最初の苦悩
  • ブラウザ試し読み

無料あり
処刑の話
  • ブラウザ試し読み

城
  • ブラウザ試し読み

審判
  • ブラウザ試し読み

無料あり
断食芸人
  • ブラウザ試し読み

無料あり
道理の前で
  • ブラウザ試し読み

無料あり
判決
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 変身/掟の前で 他2編
    ある日目が覚めたら虫になっていた。
    頭の中はまだサラリーマン。
    4時の電車に乗らなくちゃ。
    何本もの足をもにょもにょ動かす。

    家族はみんなで虫を避ける。
    悲しんでいるのか哀れんでいるのか避けているのか嫌悪しているのか、あるいはそれら全てなのか。

    悲しいような辛いような、
    はたまたゾッとするような...続きを読む
  • 変身
    毒虫は孤独や疎外の暗喩な分けだけれど、いま読むと鬱の暗喩に読めた。

    会社の人間関係や労働に意義を見出せず鬱になっていく人って、100年前にも当たり前のようにいたんだなぁ。
  • 変身
    「この『変身』の「巨大な褐色の虫」は何の象徴であろうか。答えは無数にあるようだ。そしてどの答えも答えらしくは見えぬ。けだし文学とは、それ自身がすでに答えなのであるから。」
    という訳者の解説が
    それをいったらおしまいよなぐう正論
    作者や訳者と他の読者がどう思っていたかはそれぞれだが
    登場人物の構成、喜...続きを読む
  • 変身
    虫になった自分を受け入れていること自体凄いことなのに、養っていた家族にも怖がられリンゴを投げつけられて深手を負ったりで、結果的には恩を仇で返されたような状況にもかかわらず、最期には家族を思って生き絶えていく。
    しまいには、主人公が亡くなったことで家族が良い方向へ向かっていくという。何とも救いようのな...続きを読む
  • 変身
    ある朝、巨大な虫に変わってしまったグレーゴル・ザムザ、その醜態のまま何を思い苦しみ、死んでゆくのかよくわかるストーリだった。どうにもならない我が身、だけど何とかしないといけないところはサラリーマンの様子とそっくりだ。自分のことが他人に理解されない、評価されないところも査定とよく似ている。そういう時だ...続きを読む