「青木薫」おすすめ作品一覧

【青木薫】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:青木薫(アオキカオル)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:日本 / 山形県
  • 職業:翻訳家

京都大学理学部卒。同大学院博士課程修了。専門は理論物理学。2007年度日本数学会出版賞受賞。感動の数学ノンフィクション『フェルマーの最終定理』などの作品を手がける。

作品一覧

2017/01/20更新

ユーザーレビュー

  • 代替医療解剖
    ホメオパシーやカイロプラクティックなどの代替医療について、施術者が謳う効果があるかどうかを科学的に分析する。
    第1章でレモン果汁をとることで壊血病の発生率が劇的に改善された例等をあげて、「機能のメカニズムは不明でも対照実験を行い、統計的に有意な結果が出ればその治療方法は効果がある」を明確にした上で、...続きを読む
  • フェルマーの最終定理
    「博士の愛した数式」や河田直樹著の本を読んでから数学の本も意外と面白いことに気づき、手に取った一冊。解説にもあるように専門的な数学の知識はほとんどいらないのに、大事なところはつかみやすく物語の進行も捉えやすいような印象だった。自分も一応理系なので、ピタゴラスやエウクレイデス(ユークリッド)を始め、オ...続きを読む
  • 宇宙創成(下)
    文庫版訳者あとがきにある通り、この本の主人公は「科学的方法」なのだと思います。「宇宙はどうやって出来たのか」という問いに対する、何世紀もの間にわたる科学者の挑戦が描かれていてとても感銘を受けました。
  • 暗号解読(下)
    最後までワクワクしながら読めました。巻末の暗号とその解説までついていて今も続く暗号と解読のいたちごっこが垣間見えました。
  • フェルマーの最終定理
    ずーっと読みたいと思っていて読めていなかった本。ドキュメンタリーとしてまとめるサイモンシンの何という取材力。そして数学が苦手な人でも文句なしに面白く読み進められる。人生には寄り道も必ず役に立つということがわかる。ワイルズのコリヴァギン=フラッハ法や谷山志村予想からの証明方法ではなく、フェルマーが生き...続きを読む

特集