青木薫の一覧

「青木薫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:青木薫(アオキカオル)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:日本 / 山形県
  • 職業:翻訳家

京都大学理学部卒。同大学院博士課程修了。専門は理論物理学。2007年度日本数学会出版賞受賞。感動の数学ノンフィクション『フェルマーの最終定理』などの作品を手がける。

作品一覧

2019/07/26更新

ユーザーレビュー

  • フェルマーの最終定理
    巨人の肩に立つ、とはこういうことかと感じさせてくれる名著であった。フェルマーの最終定理を巡るドラマを描いたもので、数学の知識はなくとも十分楽しめる。
    遥か昔に提示された問題を解くため、数学の発展の中で生まれてきた新たな技術を1つ1つ駆使して証明していく様は、美しいとしか言いようがない。
    最後に、コン...続きを読む
  • ビッグ・クエスチョン 〈人類の難問〉に答えよう
    子供の頃から疑問に思っていた、宇宙の始まりや地球以外に知的生物はいるか等の謎が説明されている。
    好きな箇所は、「もしこの先タイムトラベルが可能になっているとしたら、現代人を冷やかしに未来から来ているはずだ。素性をばらしていけないという決まりがあっても、必ず我慢出来ない調子がいい奴がいるはずだ」。とい...続きを読む
  • フェルマーの最終定理
    面白かった。学生時代から数学アレルギー、数学嫌いで実はこちらの書籍も購入したものの長らく未読状態でした。しかし読みはじめて感動、続く高揚感、数学と数学者の世界に大いに魅了されました。
    高校時代のあの数学教師も数学の魅力に気付いていたのでしょう。だったらなんで教えてくれなかったのか。いや私が聞いてなか...続きを読む
  • ユニバース2.0 実験室で宇宙を創造する
    宇宙論の権威たちへのインタビューをベースに構成された読み応えのある本。宇宙を創る話と神の存在を信じるかという話が融合している。最初は突拍子もなく感じる話が、宇宙創造の仕組みを考えるうちにそうでもなくなり、人間が宇宙の創造主に成りえる可能性が出てくる。宇宙が生命誕生に適しているのは人間が存在できている...続きを読む
  • 宇宙創成(上)
    「天才科学者達のバトル集」

    天動説vs地動説
    ニュートンvsアインシュタイン
    静的宇宙vs動的宇宙

    など、新しい説が古い説を打ち砕いていくストーリー的な面白さもあるし、
    理論、実験、背景のエピソードなど、しっかり解説されているのに読みやすい。サイモンシンさん凄すぎるとしか言いようがない。