「青木薫」おすすめ作品一覧

「青木薫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:青木薫(アオキカオル)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:日本 / 山形県
  • 職業:翻訳家

京都大学理学部卒。同大学院博士課程修了。専門は理論物理学。2007年度日本数学会出版賞受賞。感動の数学ノンフィクション『フェルマーの最終定理』などの作品を手がける。

作品一覧

2017/01/20更新

ユーザーレビュー

  • フェルマーの最終定理
    ポアンカレ予想『100年の難問はなぜ解けたのか』に続く数学難問伝記。本書も読メがきっかけで読むことができた良書だ。ピュタゴラスから現代数学の有名人が、私が知るだけでもたくさん出て来て、それだけでワクワクした。著者の筆致が流れるようで、分厚い文庫本でありながらすーっと読み進められた。フェルマーの定理を...続きを読む
  • 暗号解読(下)
    ITを生業としている人も、そうでない人も楽しめる。
    セキュリティの歴史はこうも深かったのか。

    こんな昔から暗号があったなんて。

    難しい内容は読み飛ばしても十分に楽しめる。

    セキュリティを担当する人は必須かな。
    公開鍵暗号方式をはじめて理解できた。
  • 宇宙が始まる前には何があったのか?
    ずっと気になっていて、文庫になっていたのでようやく手にすることができました。
    物理学の知識なんてあまりない私には難しかったです。それでも、一般的な専門書のような堅苦しい文章はなく、むしろ砕けた感じの文章に止まることなくすらすらと読むことができました。ただ、本文中にたびたび登場する『神』という言葉だけ...続きを読む
  • フェルマーの最終定理
    ピエール・ド・フェルマーが証明の全貌を明かさないまま残されたという、究極の定理。

    xのn乗 × yのn乗 = zのn乗
    上式においてn=2よりも大きい時、上式を満たす3つの数x、y、zは存在しない。

    たったこれだけの定理に3世紀もの間、多くの数学者たちが熱狂してきたというそのドラマは本当に興味深...続きを読む
  • フェルマーの最終定理
    クライマックス最後の数十ページに差し掛かると、読み終えるのがもったいなく感じる程に、おもしろい作品。一人の天才数学者が人生をかけて世紀の大問題「フェルマーの最終定理」を証明する物語。ノンフィクション。

特集