ユニバース2.0 実験室で宇宙を創造する
  • ptバック

ユニバース2.0 実験室で宇宙を創造する

作者名 :
通常価格 1,936円 (1,760円+税)
紙の本 [参考] 2,420円 (税込)
獲得ポイント

783pt

  • 40%ポイントバック

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

●宇宙の謎は、宇宙を作って解き明かす●

この宇宙はいかにして誕生したのか?
アインシュタイン以降、世界中の宇宙物理学者がその難問に挑んできた。
相対性理論、量子論、ビッグバン理論……。
それらすべてを駆使して、「宇宙論の三大問題」を軒並み解決する
「インフレーション理論」が誕生し、宇宙の起源を巡る旅は大きな進歩を遂げた。
だが、そのとき、思わぬ研究の扉が開いた。
「これまでの知識を組み合わせれば、人間自ら宇宙を作り出すことも可能では?」
その研究に先鋭的な科学者たちが引き寄せられ、
やがて一人の日本人研究者が、最後のピースを埋めた――。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
400ページ
電子版発売日
2019年07月26日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ユニバース2.0 実験室で宇宙を創造する のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月08日

    宇宙論の権威たちへのインタビューをベースに構成された読み応えのある本。宇宙を創る話と神の存在を信じるかという話が融合している。最初は突拍子もなく感じる話が、宇宙創造の仕組みを考えるうちにそうでもなくなり、人間が宇宙の創造主に成りえる可能性が出てくる。宇宙が生命誕生に適しているのは人間が存在できている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月08日

    シミュレーション仮説、宇宙を創る本。
    哲学的な面もあり、なかなか深い想像の世界に入り込める本だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月13日

    実験室で宇宙を作ろう、という話で、その理論と少し無謀な挑戦の話かと思ったら、どうも主旨が若干違っていた。

    宇宙物理学者が創造主をどう考えるのか。多くの科学者は、素粒子物理学の統一理論を構築したノーベル賞物理学者のワインバーグのように、完全合理主義者であり、そのことを標榜もしている。アインシュタイン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています