暗号解読(上)

暗号解読(上)

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 737円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

文字を入れ換える。表を使う。古代ギリシャの昔から、人は秘密を守るため暗号を考案してはそれを破ってきた。密書を解読され処刑された女王。莫大な宝をいまも守る謎の暗号文。鉄仮面の正体を記した文書の解読秘話……。カエサル暗号から未来の量子暗号に到る暗号の進化史を、『フェルマーの最終定理』の著者が豊富なエピソードとともに描き出す。知的興奮に満ちた、天才たちのドラマ!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2016年12月28日
紙の本の発売
2007年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
29MB

暗号解読(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月01日

    本書の「はじめに」から心を鷲掴みにされた。著者のサイモン・シン氏は、一体何者なんだろうか。目次からして言葉選びのセンスが良い。翻訳も読みやすく、一気に青木薫氏のファンになってしまった。エニグマの章では、連合国が情報戦に強いと言われていた理由が分かった。植民地にまでエニグマを配給し、裏ではその暗号を日...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月04日

    初期の頃の暗号は自分で頻度分析で手を動かして解けた。
    解けたときの快感たるや。
    エニグマは、大学入試の英文に出てきたときに初めて知ったが、それをこんなに分かりやすく知れるのは素晴らしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月31日

    サイモンシンのノンフィクションは信頼できる。
    難しいことが説明されているはずなのにグイグイ読める。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月26日

    通信内容が外部に漏れることは、場合によっては人の生死に関わる事態にもなる。本書では、暗号文で書かれた手紙を、敵対勢力に解読されてしまうことで、政治的に失脚し、処刑されてしまう女性の話から始まる。暗号の大切さを示すエピソードだ。そして、財宝を隠した場所を示した暗号や二つの世界大戦で使われた暗号などが紹...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月21日

    名作です。
    読ませたいひとにだけ読める手紙を届ける、だれもが思いつくその発想が、古代から現在まで暗号という形で繋がっていることがこの作品でよくわかります。
    コンピュータや数学が苦手な人でも、理解できるように描かれているので、足踏みせずに読み続けることができるでしょう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月28日

    知的興奮に満ちた先人たちのドラマ物語だ。暗号とは数学、論理学、情報工学に通じていてその考え方はPCの始まりに繋がり、軍部の機密情報は戦争終結を早め、ワンタイムパッド暗号は今日のネットワークのワンタイムパスワードになっている。我々の身近なテクノロジーは暗号に起源を置いているものも多い。頻度分析は特に重...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月10日

    理解が難しい暗号について、平易でかつストーリー性を持たせているため、非常に面白い。
    暗号は歴史を変え、人の人生を変えてきたことが、この一冊で分かる。
    やはり印象的なのはエニグマについて。エニグマを解読できなければ、第二次世界大戦の終戦は遅れ、さらに死者が増えていたことだろう。
    エニグマの解読者の血の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月13日

    話は難しいのに、なんでこんなに面白くて血が通った文章を書けるんだろうか?
    ほんとにこの人の本は面白い!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月04日

    スコットランド女王の暗号からドイツ軍のエニグマまで、歴史上の暗号がいかにして発明され破られていったかを追体験できる本。暗号の例題が示されていて読者を飽きさせない。
    著者は『代替医療のトリック』のサイモン・シン。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月20日

    『いたちごっこほど面白い戦いはない』
    シーザーの時代から用いられた単アルファベット換字式暗号が頻度分析により解読され、多アルファベット換字式暗号を体系化したヴィジュネル暗号はバベッジらが複数の頻度分析の組み合わせにより解読。そして暗号を機械化したエニグマを、チューリングらがそれを上回る機械化により解...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

暗号解読 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 暗号解読(上)
    693円(税込)
    文字を入れ換える。表を使う。古代ギリシャの昔から、人は秘密を守るため暗号を考案してはそれを破ってきた。密書を解読され処刑された女王。莫大な宝をいまも守る謎の暗号文。鉄仮面の正体を記した文書の解読秘話……。カエサル暗号から未来の量子暗号に到る暗号の進化史を、『フェルマーの最終定理』の著者が豊富なエピソードとともに描き出す。知的興奮に満ちた、天才たちのドラマ!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 暗号解読(下)
    737円(税込)
    当時最強を誇ったドイツ軍の暗号機はいかにして破られたのか。「戦争の世紀」が「情報の世紀」へと移り変わるなかで、数学者たちの攻防は続く。RSA暗号、PGP暗号、量子コンピュータ、量子暗号……。ネットや銀行を始め、知らずに我々の周囲に溢れる暗号技術の現在と未来、歴史の背後に秘められた人間ドラマを解き明かす傑作ノンフィクション。巻末に「史上最強の暗号」とその解答を収録。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています