【感想・ネタバレ】大富豪同心 12 甲州隠密旅のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年12月02日

大富豪同心シリーズ、12作目。

前作において、旗本坂上家の当主となった権七郎だが、天満屋と祖母の英照院の謀略により、甲府勤番を命じられる。

今回は隠密廻り同心の役を受けた卯之吉が、江戸を離れ、甲州路へと出向く。美鈴さんや弥五&由利ノ丞コンビ、荒海一家など、レギュラーメンバーがそれぞれ大活...続きを読む躍していて嬉しい。更に、敵味方関係なく勘違いの嵐に巻き込まれるのもお約束展開で、楽しかった。ここ何冊かの中では一番バランスが取れてて面白かったかな。江戸から離れて、いつもと舞台が異なったのも新鮮。まだまだこのシリーズ、楽しめそうデス。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月13日

8月6日~13日(朝)

八巻卯之吉の尽力で七千二百石の旗本坂上家の当主となった権七郎だったが、祖母の英照院の不行跡の責任を取る形で甲府勤番を命じられる。
その命を狙う、英照院一派と大悪党の天満屋。それを阻止しょうと隠密廻り同心の役を受け甲州路を行く卯之吉や水谷弥五郎たち。
だが、それは卯之吉を江戸...続きを読むから引き離し、命を奪おうとする天満屋たちが仕掛けた罠だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月05日

裏で”八巻”を狙い続けている天満屋に、前作の因縁から英照院が加わって、坂上家との兼ね合いで舞台は江戸から甲州街道へ。
相変わらずの卯之吉に、銀八が心の中で入れるツッコミが笑える。
苦労してるなぁ…銀八。

そして、三右衛門に負けず劣らずの勘違いですっかり卯之吉に心酔してしまった三右衛門の兄弟分、鬼兵...続きを読む衛。
真実を知らずに、あまりに純粋に?漢として惚れ込んでるこのオジサン二人が気の毒になってくる(笑)。
正体や本質を知っていながら、惚れてる美鈴は大したもんだ。
いつか報われると良いな。

そんな今作は、安定した卯之吉ぶりと周囲(敵味方両方)の誤解ぶりが楽しいけれど、黒幕は大して動かずなのでアッサリ終わってしまった感が強い気がする。
坂上家の英照院VS権七郎もあくまで”原因”で、メインは暑苦しい浪人VS偽八巻~呑気な卯之吉と強面オヤジ達の珍道中~…みたいな。
もう少し、悪役側の粘りが欲しいと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月30日

前巻で卯之吉が助けた旗本つながりで話が始まる。
今回は隠密廻り同心となって、甲州路を旅する卯之吉一行。命を狙われているというのに相変わらず夜遊びにのみ執念を燃やす彼とサポートする仲間たち。
展開はマンネリだが安心して読める時代小説。卯之吉を孤立させようとする敵の計略はよかった。ときどき挟まる江戸時代...続きを読むマメ知識も面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月14日

大富豪同心シリーズ12作目。前作で助けた権七郎の再びのピンチを救うべく、
卯之吉が江戸を出て甲州街道を行く話でした。


それにしても。
同心は江戸の外へ出られない決まりとは知りませんでした。
勉強になります。
ただし町人に成りすます隠密廻り同心だけは例外だとか。
という訳で、急遽卯之吉が隠密廻り同...続きを読む心に任命されます。
助けられる側の権七郎も助ける側の卯之吉も、
町人として育てられているのでちっとも危機感がありませんが、
大身旗本の坂上家の一大事なのです。
卯之吉の上司、沢田様には同情します。
こんな部下いたらストレス溜まりまくり。
絶対嫌だろうな。
そして卯之吉はやっぱり卯之吉なので、
流されるまま甲州街道を行くうちに誤解が誤解を生んで大所帯に。
ちっとも隠密じゃないし。
それもなんて暑苦しい集団・・・。
卯之吉は何にも執着しない極楽トンボと認識していましたが、
今回、遊蕩にかけてはものすごい頑固な一面が見られます。


そして、一番の衝撃。
どんだけ強いの?美鈴様・・・。

このレビューは参考になりましたか?