中村悦子のレビュー一覧

  • つるばら村のパン屋さん
    つるばら村のパン屋さんのくるみさんのお店には、今まで誰もこなかった店に「くまさん」が来てくまさんがたのんだ「はちみつのパン」が食べてみたかったです。
  • おかあさんになるってどんなこと
    内田麟太郎さんの講演会で、この本を書けるようになるまでの、大変だった人生の話を聞き、心を打たれて即購入。サインもしていただきました。私の宝物です。
    ウサギの子どもたちが、ウサギのぬいぐるみを子どもに見立てて、おかあさんを演じる。おかあさんになるってどんなことか、考えて、一生懸命世話を焼く。病気になれ...続きを読む
  • つるばら村の魔法のパン
    くるみさんのパン、食べてみたいなー。
    ほっこり温かくておいしそう。
    だから、人間も、人間以外も、優しいお客さんがやってくる。
    このシリーズは、これで完結のようで残念だけど、くるみさんのパン屋さんは、ずっと心に残る。
  • つるばら村のパン屋さん
    くるみさんとニボシくんの出会い編が楽しい。
    猫って自由だわー(笑)
    どんぐりのパン、食べてみたい。どこかのパン屋さんで売ってないかなぁ。
  • つるばら村のくるみさん
    くるみさんのパン、おいしそうだなぁ。
    色んな人(人でないモノも。)集まるのがよくわかる。
    くるみさん自身も温かいし。
    ライバルの登場にちょっとドキドキしたけど、ああいうラストでよかった、よかった。
  • つるばら村の三日月屋さん
     宅配パン屋さんだったくるみさん、念願のお店を駅前に出します。
     相変わらずパンがすごくおいしそう。
     私、パン大好きなので、この本に出て来るパン、みんな食べたい。自分の住んでるところにこのパン屋さんあったら、絶対常連さんだよー。

     てか、くるみさん、動物のお客さんい出会うたび、カエルがケーキを焼...続きを読む
  • つるばら村のパン屋さん
     駅前にお店を持つことを夢に、つるばら村で宅配パン屋さんを始めたくるみさんですが、注文があまり来ないと思っていたところにやって来たのは、熊のお客さん。
     それ以外にも、ウサギや星みがきの少年などなど。
     ほっこりするファンタジー。
     とにかくパンがおいしそう。
  • つるばら村のパン屋さん
    つるばら村のくるみさんがやっている宅配パン屋「三日月屋」
    そこに注文にやってくるお客さまは…。

    タンポポのはちみつで、パンを焼いてください。
    作るときは蓄音機でレコードをかけてね。というくまさん。

    三日月パンを注文したうさぎさんは、湖でとても素敵なものをお洗濯。

    ある日やってきたお客さんは、黒...続きを読む
  • つるばら村のパン屋さん
    ブグログのコメントを読んだのが出会い。


    うさぎが湖で洗っているものは。。。。。
    これを知ったときの衝撃と感動!

    シリーズもの読破に向けてばく進中。
  • つるばら村のパン屋さん
    動物とお話できる店長さん。パンを焼く様子が目に浮かんでお腹がすいてきます。とっても美味しそうなパンがいっぱい!はちみつが入ったパン食べてみたいです。
  • つるばら村の三日月屋さん
    くるみさんがやっているパン屋さんに動物や精霊がやってきて、パンを買ったり注文したりします。くるみさんは報酬にがっかりしたりするのですが、結果的にはいい方向に進むんです!!
    つるばら村シリーズ第2弾!!これからどうなるのか楽しみです♪
  • つるばら村の魔法のパン
    すき!するする読めちゃいます!なんと、シリーズ最終巻でびっくりしました。シリーズものなのに、途中から読んでこんなに楽しく読ませるなんてステキです。
  • つるばら村の三日月屋さん
    表紙とタイトルが気に入って手に取った本です。

    つるばら村シリーズの二作目になるそうです。
    一作目を読んでいないけど、今作だけでも楽しめました。

    人間のお客さんは登場しません。
    飼い猫と普通に喋ったりします。
    まったくのファンタジーですが、ほんわかしていてなごみます。
    子供向けに書かれた物語だけど...続きを読む
  • つるばら村の魔法のパン
    つるばら村の様々なお店は、本当に夢があって素敵ですよね。
    くるみさんのつくったパンは、読み返すたびに食べてみたい気持ちに…
    お話しの語り口もやさしくて、色々な登場人物とこ交流に、あたたかくなれるのがいいところです。
  • つるばら村の魔法のパン
    つるばら村シリーズの最終巻になるそうです。

    まだまだ続いてほしいなぁ・・と思うつるばら村シリーズはどのお店もあたたかくてすてきですね。

    くるみさんのパンやさんも10周年!どのパンも食べてみたいです。
  • つるばら村のくるみさん
    仕事を始めたばかりの頃に一度読んだけれど、その時とは全然違う印象を持ちました。やっぱり一から順番に読むと違いますね。
    くるみさんのパン屋さんも3年目になり順調…かと思えばライバル出現。気にしないでいようと思えば思うほど気にしてしまうくるみさん。
    ネコのニボシが可愛いな~。くるみさんちにひょっこり住む...続きを読む
  • おかあさんになるってどんなこと
    この本読んで、こどもとの接し方が変わりました。

    おかあさん、そして大人達に読んでほしい。

    親子で読むと、なお良いと思います♪
  • つるばら村の三日月屋さん
    季節をおって色んな不思議なお客さんがやってきます。そしていつも不思議なパンを注文します。え?そんなのパンにいれるの?そう反応して作ってみるとああ、合うなぁ。これをお店の新しいパンとして出せるかも。不思議なお客さんのおかげで、くるみさんのパンのレパートリーはどんどん増えます。
    パンが食べたくなりますね...続きを読む
  • つるばら村のパン屋さん
    つるばら村でパンの宅配屋さんをしているくるみさん
    パンの注文をしてくるお客さんは一風変わったお客さんばかり。
    お客さんの注文に応える内に、新しいパンができていきます。例えばはちみつのパン、例えばツルバラの花びらのジャムパン。
    パンが食べたくなります。ちょっとファンタジーで、全体的にゆったり柔らか~い...続きを読む
  • つるばら村のくるみさん
    つるばら村シリーズの3作目。くるみさんの作るパンはいつもどれも、おいしそう。いつでも順調!というばかりでないところも、とても応援したくなります。あとがきを読むと、著者の方がとても楽しんでこの作品を書いていらっしゃることが伝わってきます。